search

お腹を休めてリフレッシュ!体あったかおかゆを作ってみた

2021/02/01

クリスマス、年末年始が終わって早一ヶ月が経とうとしていますね。

皆様はどのように過ごされましたか?

例年に比べて外出を控えている分、ケーキやおせちなどたくさん食べてしまい、「お正月太り」をしてしまった方もいるかと思います。

今回は「お正月太り」解消の第一歩として、暴飲暴食した胃を休める「おかゆ」のレシピを3つ作ってみました!

また、おかゆにピッタリの簡単に作れる「付け合せも」合わせて作ってみようと思います。

 

■基本の卵粥

 

まず1つ目は、王道の卵粥を作ります。

ふんわり卵としっかり出汁が香るので、朝ごはんにもピッタリです。

 

□材料(2人分)

  • ごはん…100g
  • 水…250~300ml
  • 白だし…大さじ1
  • 卵…1こ

(A)

  • 醤油…小さじ1/2
  • みりん…小さじ1

※今回ごはんがしっかり残る分量で作っています。

柔らかめがお好みの方は、水を50ml足してください。

 

□作り方

①白だしと水を鍋に入れ、沸騰したらごはんを入れてます。

ごはんがパラパラになるようにおたまなどでほぐします。

 

 

②再度沸騰したら弱火で5分加熱します。

 

③ご飯が柔らかくなってきたら、(A)を加えて蓋をしてさらに5分加熱します。

 

④別の器に卵を割り入れてときほぐします。

 

 

⑤③を中火にかけ、④を回し入れて蓋をして1分加熱します。

 

 

⑥卵が固まったら全体をまぜ、器に持ってできあがり!

 

 

□感想

白だしを使用しているため、かなりしっかり味がついています。

薄味がお好みの人は、白だしを控えめにするといいかもしれません。

白だしがない場合は、だしの素の粉末を溶かして使ったり、かつお節などで出汁をとって作ってください!

ご飯も少ししっかり目に残しているので、普通のお粥より食べごたえがあります。

お好みで海苔やネギをかけると美味しいです!

 

【おすすめ付け合せ】

「かんたん浅漬」

 

今回はきゅうりと大根を使いますが、お好みの野菜でも美味しく作れます!

少し甘めに作ってあるので、お好みで塩をひとつまみたしても◎

 

□材料(2人分)

  • きゅうり…1/2本
  • 大根…3cm幅

(A)

  • 塩…2g
  • 砂糖…4g

 

  • 醤油…適量

 

□作り方

①きゅうりは少し厚めの輪切りに、大根は皮を向いて5mm幅のいちょう切りにします。

 

 

②フリーザーバッグに①と(A)を加え、しっかりもみ込みます。

 

 

③全体が平らになるように広げて空気をできるだけ抜き、冷蔵庫で20分ほど寝かせます。

 

 

④皿に盛って、お好みで醤油をたらしてできあがり!

 

 

■簡単チーズリゾット

 

 

 

チーズと牛乳を使った濃厚なチーズリゾットを作ります。

今回はシンプルな材料で作るので、お好みでベーコンやきのこ、コーンなどを追加してアレンジするのもおすすめです!

 

□材料(2人分)

  • ごはん…100g
  • 水…150ml
  • 牛乳…150ml
  • コンソメキューブ…1こ
  • とろけるチーズ…2枚
  • 玉ねぎ…お好みの量(今回は1/4こ)
  • 塩コショウ…少々
  • パセリ…少々

 

□下準備

玉ねぎを切っておきます。

縦に千切りすると食感がしっかりと残り、みじん切りにすると食べやすくなるので、お好みの切り方でOK!

※今回は縦に千切りしました。

 

□作り方

①ごはんと水を鍋に入れ、ごはんがパラパラになるようにおたまなどでほぐします。

 

 

②①を火にかけ、沸騰したらコンソメキューブを入れて弱火で5分加熱します。

 

 

③②に玉ねぎを加えて更に弱火で5分加熱します。

 

 

※アレンジする際は、ここで刻んだベーコンやきのこ、コーンなどの具材を入れてください!

 

⑤牛乳を加えて沸騰したら塩コショウで味をととのえ、とろけるチーズを加えて1分加熱します。

 

 

チーズがとろけたら、全体をまぜて器に盛り、パセリをふりかけてできあがり!

 

□感想

少し水分が多く、リゾットというよりミルク粥に近いかもしれません。

本格的なリゾットに近づけたい方は、オリーブオイルを薄く引き、具材とご飯を炒めてから調理するのがおすすめ!

食べる前に卵黄を一つ加えてしっかり混ぜると、カルボナーラ風のリゾットに◎

 

【おすすめ付け合せ】

「きのこのマリネ」

 

コクのあるリゾットの付け合わせに、さっぱりとしたきのこのマリネを作ってみました!

 

□材料(2人分)

  • しめじ…1/2パック

※お好みのきのこでも◎

  • 塩コショウ…少々

 

(A)

  • オリーブオイル…大さじ1
  • 酢…大さじ1/2
  • 醤油…小さじ1
  • 砂糖…小さじ1

 

□下準備

(A)を混ぜ合わせておきます。

 

 

□作り方

①しめじの石づきを包丁で切り取り、ほぐして耐熱容器に入れます。

 

 

②塩コショウをしてふんわりラップをかけ、電子レンジで600w3分加熱します。

 

 

 

③②を電子レンジから取り出し、熱いうちに(A)を加えて混ぜ、人肌になるまで冷まします。

 

※電子レンジから取り出す際は、やけどに注意!

 

④器に盛りつけてできあがり!

冷蔵保存で2~3日持ちますが、なるべく早めに食べてください。

 

 

■中華粥

 

生姜がきいた中華粥は、寒い日の朝食にもピッタリ!

今回は「香味ペースト」で簡単に作ってみようと思います。

 

□材料(2人分)

  • ごはん…100g
  • 水…250~300ml
  • 香味ペースト…12cm

※香味ペーストウラ面を参考にしてください!

  • すり下ろし生姜…小さじ1/2
  • 刻みネギ…お好み

 

□作り方

①ごはんと水を鍋に入れ、ごはんがパラパラになるようにおたまなどでほぐします。

 

 

②①を火にかけ、沸騰したら香味ペーストを入れて弱火で5分加熱します。

 

 

③すりおろし生姜(生姜チューブでも可)を加えて1分加熱します。

 

 

③器に盛り、お好みで刻みネギをかけたらできあがり!

 

□感想

香味ペーストを使用しているので、しっかり味がついた中華粥になっています。

生姜が苦手な人は生姜を抜いても美味しく食べられます。

サラダチキンなどをほぐして煮込んだり添えたりすると、食べごたえ抜群でより本格的な中華粥になります!

 

【おすすめ付け合せ】

「ツナとほうれん草のごま炒め」

 

酒と醤油とツナ缶の塩気だけでしっかり味がついた簡単な炒めもの!

いつもの料理の副菜にもぴったりです。

 

□材料(2人分)

  • ほうれん草…1束
  • ツナ缶(ノンオイル)…1缶
  • 白炒りごま…小さじ1

※お好みで炒りごまの量を調節してください。

 

  • 酒…大さじ2
  • 醤油…小さじ1/2~1
  • サラダ油…少々

 

□下準備

ツナ缶の水気を切り、軽くほぐしておく。

 

□作り方

①水洗いしたほうれん草の根本を切り落とし、4cmの大きさに切ります。

 

 

②フライパンにサラダ油をひいて火をつけます。

フライパンが温まったらほうれん草と酒を入れ、ほうれん草が少ししんなりするまで中火で炒めます。

 

 

③②にツナ、醤油、白炒りごまを加え、1分ほど弱火で加熱して皿に盛ってできあがり!

 

 

■お粥生活をした結果…

 

暴飲暴食したあとの数日の朝食をお粥にしてみましたが、胃もたれしていたお腹の調子が徐々に良くなりました。

朝一番に温かく胃に優しいものを食べたおかげかもしれません。

数日かけてゆっくり胃を休められたので、これからお正月太り解消に向かって取り組んでいこうと思います!

 

■まとめ

いかがでしたか?

気になるレシピはありましたか?

まだまだ寒い冬が続きますが、皆さんも温かいお粥でしっかり胃を休めて「お正月太り」を解消してみてはいかがでしょうか!

Original

この記事を書いた人

ライター よしの

生まれも育ちも福岡のWebデザイナー兼映像クリエイター。
天神界隈を中心に、女性向けの可愛いカフェから物珍しいスポットまで、福岡市の新しいスポットを幅広く開拓しています。
好きなラーメンの硬さは粉落としです。

関連する記事RELATED