search

春野菜をおいしく食べる、つくり置きおかずを作ってみた!

2021/04/05

春野菜が美味しい季節がきました!

春が旬の野菜といえば、アスパラガス、竹の子、新タマネギ、新じゃがいも、春キャベツ、菜の花、ソラマメ、グリーンピースなど緑色の野菜が多い印象ですね。

 
 

旬の野菜は、栄養価も高く、何よりもうま味がつまっていて一番美味しい時期です。

おうち時間が長い時期だからこそ、美味しい野菜をたくさん食べてみませんか?

今回は、春野菜を使った作り置きおかずに挑戦してみました!さらに、作り置きしたおかずを使ったアレンジレシピもご紹介いたします。

 

1品目は、おかずにもおつまみにもちょうどよい、春キャベツのアンチョビ炒め。

春キャベツはやわらかく、手でちぎることもできるので包丁で切らなくても作れます。

やわらかくて火が通りやすい分、加熱時間は短めに。あっという間に完成します。

 

■春キャベツのアンチョビ炒め

 
 

【材料】2人分くらい

  • 春キャベツ  1/2個
  • アンチョビ  3本
  • にんにく  1かけ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 鷹の爪  1本分
  • 塩  少々
  • ブラックペッパー 適量
 
 

【作り方】

1. 春キャベツ食べやすい大きさに切り、にんにくはみじん切りにする。

 
 

2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、アンチョビを入れ、アンチョビをほぐしながら炒める。

にんにくとアンチョビは焦げやすいので、火をつける前からフライパンに入れて、弱火でじっくり炒めることで焦げずに香りがでます。

 

 

3. にんにくが色づいてきたら、鷹の爪を加える

 

4. 香りが出てきたら、1のキャベツを加えサッと炒める。

 
 

キャベツを加えて炒めるときには、フライパンをゆすりすぎないほうが、全体に均一に火が入ります。

 

このまま食べてももちろんOKですが、まとめてたくさん作っておくと、だんだん飽きてくるのが作り置きおかずのデメリット。

今回は、これを使って簡単なパスタにアレンジしました。

おうち時間を増えていると、一人分の食事を作る機会も多いのではないでしょうか。

パスタは手軽に作りやすいメニューですが、一人分だけ作るのに鍋でお湯を沸かすのは少々手間に感じます。

今回は、そんな方でも気軽に作れるフライパン1つで作れるレシピに挑戦しました!

 

■アンチョビキャベツのパスタ

 
 

【材料】1人分

  • パスタ  100g
  • 水  350ml
  • 塩  小さじ1/2
  • コンソメ顆粒 小さじ1/4
  • 春キャベツのアンチョビ炒め 100g
 
 

【作り方】

1.深さのあるフライパンにお湯を入れ、沸騰したら塩とコンソメを入れてパスタを規定の時間より1分ほど短く茹でる。

 
 

パスタを茹でるときに、顆粒のコンソメを少量入れておくと、味が簡単に決まります。コンソメを入れたくない方は、塩の分量を少し増やしてください。

 
 

フライパンにパスタを入れてすぐは、全て入りませんが、少しずつ入ってくるので、徐々にいれてください。

 
 

2.お湯がなくなったら、キャベツのアンチョビ炒めを入れ、なじませるようによく混ぜる。

 
 

キャベツのアンチョビ炒めは、常温に出しておくとなじみやすくなります。

冷蔵庫から出したての場合は、電子レンジで温めてから入れてもOKです。

 

3.器に盛り、ブラックペッパーをかける。

 

もう1品は、春野菜の定番、菜の花でも作り置きおかずを作ってみました。

菜の花といえば、お浸しが定番ではないでしょうか。

菜の花は、他の葉野菜と比べて火が通りやすいので、茹で時間が短く、サッと作れます。

そして、茹で汁を使えばだし汁を使わなくても簡単にお浸しが作れるので、だしを取る手間も省けます。

 

■菜の花のおひたし

 
 

【材料】2~3人分

  • 菜の花 200~250g
  • だし汁または菜の花のゆで汁 150ml
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 鰹節 適量
 
 

【作り方】

1. 菜の花を食べやすい大きさに切る。

 
 

2.鍋にお湯を沸かし、小さじ1杯程度の塩を入れ、菜の花を茹でる。このとき、茎を先に入れ1分後に穂先を入れ30秒程度茹でる。

 
 
 

3.冷水にとって、冷めたらしぼる

 

菜の花は火が通りやすいので、茹で時間は短めを意識し、茹で上がったらすぐに冷水にとって冷ましましょう。

 

4.しぼった菜の花をボウルやタッパーなどの容器に入れ、調味料を入れて全体がつかるように軽く押さえたらラップをして冷蔵庫へ入れる。

 

 

みりんのアルコールが気になる方は、電子レンジで加熱してアルコールを飛ばしてから加えてください。

 

 

こちらのお浸し、アレンジしてもう1品作ってみました。缶詰のアサリさっと煮て、卵でとじるだけの簡単メニューです。

 

■菜の花とアサリの卵とじ

 

 

【材料】1人分

  • 菜の花のお浸し 70g
  • アサリ缶詰 40g
  • 卵 1個
  • めんつゆ 大さじ1
  • 水 大さじ2
  • 七味唐辛子 適宜
 

 

【作り方】

1. 鍋にめんつゆと水を入れ、煮立ったらアサリを入れる。(缶の汁は入れない)

 
 
2.    菜の花のお浸しを加え、さらにひと煮立ちしたら、溶いた卵を回し入れる。
 
 

菜の花は火が通っているので、さっと煮たらすぐに卵を加えましょう。

 

3.蓋をして卵が固まったら、器に盛り、お好みで七味唐辛子をかける。

 

ご飯との相性もばっちりなので、どんぶりにもぴったりです!

 

【まとめ】

いかがでしたか?

今の時期しか食べられない春野菜。

まとめて作って、アレンジレシピを楽しめば、たくさん食べることができますよ!

美味しくて、栄養価もバツグンな旬の野菜を楽しんでみませんか?

Original

この記事を書いた人

Sunny and 中西 由紀

管理栄養士/雑穀エキスパート/フードコーディネーター
大学在学中にフードコーディネーターの資格を取得し、料理教室や雑誌などの料理撮影のアシスタント経験を積む。大学卒業後は、管理栄養士として社員食堂で勤務する傍らレシピ開発やコラムの執筆などの活動を行う。
現在は、雑穀でダイエットや肌荒れを克服した自身の経験を踏まえ、その魅力を伝える活動としてレシピ開発、コラム執筆などを中心に活躍中。また、一般社団法人ChefooDoにて食育活動にも取り組んでいる

関連する記事RELATED