search

【おウチ時間】大人もハマる!手作りボードゲーム“キングスバレー”で遊んでみた。

2020/07/10
 家での時間を少しでも楽しく過ごせるようなグッズはたくさん出ていますが、“どうせなら手作りしてみよう!”ということで、子どもから大人まで楽しめるようなボードゲーム作りに挑戦してみました!最初はオセロを作るつもりが… 。
 

ボードゲームの定番!簡単オセロに挑戦! 

 
スマホゲームやテレビゲームなど、手軽な娯楽に溢れている現代。だからこそ、時代に逆行したアナログなボードゲームが面白いのではないか…そう思って調べてみると、気になるものがたくさん!こんなにも面白そうなボードゲームがあることに驚きつつ、まずは定番でシンプルなオセロ作りに挑戦してみることにしました。 

■ポイント 

 
  • 通常のオセロの枡目は8×8ですが、今回は少し減らした5×5で作成 
  • 丸い形に繰り抜くのが手間なので、駒は簡単な四角形 
  • 白黒ではなく好きな色でOK、シールで裏表を分けるのも◎ 

■材料 

 
 

■作り方 

 
  1. 画用紙に枡目を書く 
  2. 枡目より小さいサイズになるように25枚の駒を作成
  3. 裏表にそれぞれシールを貼る
 
▲約20分で完成

キングスバレーってなに? 

 
完成したオセロで実際に遊んでみて気が付いたのですが、これではゲームが成り立たない…!!スタートの駒の置き場を変えたり、特別ルールを設けてみたり…と試行錯誤するもやはりオセロとして楽しむことができず、もはや新ゲームの開発会議の様な状態に…(笑)
 
 
▲オンラインで友人に協力してもらい検証
 
 
そこで、この5×5のマスを使ったボードゲームがないか調べていくと“キングスバレー”というものを発見。

■ルール

 
  • それぞれ王様1駒、家臣4駒を端に一列に並べる
  • コマは前後左右斜めに動かすことができるが、タイルの終点またはコマにぶつかるまで動かさなければいけない
  • 中央のタイルには王様のみが止まることができる
  • 王様が先に中央マスに辿り着いた方が勝ち
 
▲ゲーム開始の配置、先手の第一手は家臣のみ動かせる
 
 
実際にやってみると、カメラ越しのオンライン対戦でも進めやすく、シンプルなのに、奥が深く、とても面白い!!友人とのほか、夫や母とも対戦してみましたが、幅広い世代で楽しめるゲームでなかなか盛り上がる結果に。( 因みに、せっかく作った25枚の裏表コマがもったいなので、新しい遊び方も開発中…。)
 
 
▲青色の勝ち。先手先手を読む力が将棋と少し似ている

まとめ

 
身近なもので簡単に作成できる手作りボードゲーム。作る楽しみやお金がかからない点はもちろんですが、意外に愛着が沸く点も素敵だなと感じました。自分だけのデザインを楽しんだり、オリジナルルールを導入してみるのもおすすめです!
Original

この記事を書いた人

ライター nimo*

ライター/台湾在住の一児の母 岐阜県出身、元食品メーカー勤務。
夫の転勤により17年秋より子連れ海外生活をスタート。食品工場見学が趣味で国内外問わず200か所以上の生産現場を回る。工場見学や台湾、東海地方の情報を紹介していきます。

関連する記事RELATED