search

サントリー本気野菜が美味しい!家庭菜園に挑戦してみた◎

2020/06/26
こんにちは~!おもしろお出かけ好き、あずあずデス♪
今回は、外出自粛期間中におウチでチャレンジした「家庭菜園」についてレポートします。苗は、サントリーの本気野菜!「本気野菜」の野菜はスーパーでも売られているんですが、めちゃくちゃ美味しいんですよ。簡単レシピも一緒に紹介します。
 

◆サントリー本気野菜って何?

 
スーパーで見かけたコチラの商品『純あま』熊本産です。「本気野菜」「格別なおいしさ!」のパッケージが目を惹きます。『純あま』は糖度が8度~11度とスイカと同じ位なんだそう。スゴイ、どんだけ甘いんだ!サントリーから野菜が出てるなんて知りませんでした。
 
 
 
 
早速、生でパクリ。皮が薄くてプリッとしています。ヘタも取り除いてあるのでイチイチ取らなくていいんです。お味はと言うと、旨みがたっぷりで濃い!そして本当に甘い!!ネーミングにウソ偽り無しです(笑)。
 
 
 
 
今度は、ちょっとオシャレっぽくピンチョスに。
 
 
 
 
1、ベビーチーズ1/2の上に生ハムを折り畳み、縦にピーラーでスライスしたきゅうり、1/2にカットした『純あま』を重ねて爪楊枝で刺します。

2、上からオリーブオイルとコショウを少々ふりかけたら完成です。よく冷やして召し上がれ~。
 

◆今度はとろとろ炒めナス

 
「本気野菜」に絶大な信頼が生まれたので(笑)、お次は『とろとろ炒めナス』を購入。コロンとしていてカワイイ♡
 
 
 
 
野菜と一緒にレシピも入っていました。ちょっとアレンジして「とろとろナスのはさみ焼き」をクッキング。「とろとろで味が濃い!」を検証します。
 
 
 
 
1、ナスを2㎝程度の薄切りにしたら、水に浸してあく抜きをし、キッチンペーパーで水分をふき取ります。
 
2、断面に片栗粉をまぶしたら、鶏ひき肉、ネギ、しいたけ、片栗粉、酒、しょうゆ少々を入れて肉だねを作ります。
 
3、ナス2枚で肉だねをはさみ、上から軽く押さえてなじませます。
 
4、フライパンにサラダ油を入れ、両面を3分程度焼いたら、みりん、しょうゆ、酒で、照りが出るまで回しかけながら焼きます。肉だねまで火が通ったら完成です。

驚いたのが、炒めるととろとろになるのに、煮崩れしないんです!コクがあってめちゃくちゃ美味しい♪ちょっと感動レベルでした。また食べたい!

◆本気野菜の苗を購入

 
「本気野菜」の野菜は美味しいけれど、値段もそれなりにします。そうだ、これを機に家で育ててみよう!
コチラがホームセンターで販売していた「サントリー本気野菜」の苗です。スーパーで買った『純あま』トマトは150g280円位だったので、ちゃんと育てられれば、すぐに元が取れそう。
 
 
 
 

◆家庭菜園にチャレンジ!

 
ゴールデンウィーク中に植えてみました。トマトは、水や肥料を与え過ぎないようにするのが甘さを凝縮させるポイントなんだそう。
 
 
 
 
ナスは、乾燥に弱く、肥料を好むということなので、水を切らさないように気を付けたいと思います。わき芽カットも忘れずに。
 
 

◆本気野菜の成長記録

 
植えてから約2週間後。少し伸びて来たので、添え木も用意します。
 
 
 
 
約3週間後。『純あま』トマトがぐんぐん伸びていますね。
 
 
 
 
約4週間後。『純あま』トマトも『とろとろ炒めナス』も花が咲きました!
 
 
 
 
 
 
約5週間後に実がなりました!
 
 
 
 
6月19日現在の様子。ナスも実がなって少し膨らんできていますが、トマトに比べると成長が遅いような・・・。
 
 
 
 
トマトの苗は添え木のテッペンまで到達してしまいました!よく見ると実もたくさんなっています。色はまだ青いですね。赤く色付くまではもう少しかかるのでしょうか。
 
 
 
 
4月の終わりに植えた苗が、2ヶ月弱でこんなに成長するんですね。何だか元気をもらいました。収穫して食べるのがとっても楽しみです♪
皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください。
Original

この記事を書いた人

ライター あずあず

ブロガー、ライター/男女2児のママ。
めずらしい場所に行ったり、レアな体験をするのがスキ。
Let’s オモ活!(オモシロイ体験をする活動)
インスタグラム: azuazu_wakuwaku

関連する記事RELATED