search

世界一美しいロケット発射場へ行って来た!種子島宇宙センター見学ツアー

2020/05/29

こんにちは~!おもしろお出かけ好き、あずあずデス♪

今回は、種子島宇宙センターへ行って来ました。(※2020年1月以前に取材した内容です)

こちらでは、日本最大のロケット発射場をはじめ、打ち上げ関連施設をガイド付きでまわれるツアーがあるんです。見学の内容や予約方法について紹介します。

種子島宇宙センターへのアクセス

 
種子島宇宙センターへは、羽田から鹿児島空港を経由して3時間弱。種子島空港から車で30分の位置にあります。高速船(ジェットフォイル)では、鹿児島本港より1時間半。西之表港から車で1時間です。
 
 
 

種子島宇宙センター(宇宙科学技術館)

 

住  所:鹿児島県熊毛郡南種子町茎永字麻津

電話番号: 0997-26-9244

アクセス:種子島空港から車で30分

営業時間:9:30~17:00

休 館 日:月曜日、年末年始(ロケットの打ち上げ、開発試験などで運休の場合あり)

駐 車 場:普通車43台 大型車5台 

サービス:社員食堂利用可、ミュージアムショップ、授乳室、キッズスペース

公式サイト:https://fanfun.jaxa.jp/visit/tanegashima/index.html

 

施設案内の予約について

 
事前予約で、ロケット打ち上げ関連施設をバスで回るツアーに参加できます。本物のH-Ⅱロケットやエンジンを間近で見たり、TVのニュースなどで見たことがある指令棟など、普段見られない場所も見学できるので、オススメのツアーです。
 
 
 
 

運行時間:11:00/13:30/15:30

運 休 日:月曜日、年末年始

※12月~2月については、平日1回目・2回目のみ/休日は2回目・3回目のみ

所要時間:約75分

定  員:各回50名

予約方法:電話にて要予約/0997-26-9244

予約受付:3ヶ月前~ツアー開始30分前まで

注意事項:ツアー開始10分前に集合、飲食・携帯電話禁止

集合場所:宇宙科学技術館エントランス

宇宙科学技術館

 

大きなロケットが目印の「宇宙科学技術館」。こちらでは、ロケットエンジンの構造の解説から、映像や音響でロケット打ち上げを体験できるコーナー、ロケットの仕組みをゲームで学べたり、おもしろいフォトスポット、人工衛星や宇宙ステーションについてなど、子どもから大人まで楽しく学べる施設です。

 

エントランスが施設案内ツアーの集合場所になっているので、ツアーの前後にじっくり見学したいですね。

 
 

 
 

▲国際宇宙ステーションにある「きぼう」実物大模型

 

施設案内ツアー

 
まずバスに乗って訪れるのが、ロケットの丘展望所。世界一美しいと絶賛された、大型ロケット発射場を望むことができます。ここでは、ロケット打ち上げまでをどのような流れで行うか、パネルを使って説明を聞くことができます。

 

状況によっては、大型ロケット発射場の敷地内に入って車窓から見学もできるそうですが、行った際はちょうどロケット打ち上げの1週間前だった為、近付くことはできませんでした。残念。

 
 
 
 

手前の砂浜と海をバックに立つロケット発射場が本当に美しいですね!

ちなみに、なぜ種子島にロケット発射場が建てられたかと言うと、赤道に近いからなんだそう。(沖縄の返還前に建てられた) 赤道に近いと、地球の自転の遠心力を利用して、少ない力でロケットを打ち上げることができるんですって。なるほど!

 
 

 

ロケットガレージ

 
次に訪れたのは、ロケットガレージ(大崎第一事務所)。こちらのH-Ⅱロケットは、日本が約10年かけて開発した、初めての純国産液体燃料ロケットなんです。直径4m、全長がなんと50mもあります。この外側のオレンジ色部分は、塗装したワケではなく、断熱材が空気に触れて変色したんだそうです。え~ビックリ!
 
 
 
 
 
 

その他、打ち上げられなかったロケットのエンジン部分や部品パーツも間近で見ることができます。本物をこの距離で見られるなんて、とっても貴重な体験ですね!

 
 
 

総合指令棟

 

最後に訪れたのは、総合指令棟。こちらでは、打ち上げ作業の指揮や調整、監視など、全てのまとめ役となる管制室を見学することができます。ロケットの打ち上げが成功すると、拍手をしているシーンがTVのニュースなどで流れるので、見たことがあるかもしれません。

 

ドラマや映画のロケ地にも使われたそうですよ。

 
 
 
 

まとめ・感想など

 

種子島宇宙センター施設案内ツアーはいかがでしたか?

 

普段は見られない、貴重な本物のロケットやエンジンを間近で見ることができ、とても興味深いツアーだったと思います。夢のような世界だった宇宙が、リアルに感じられるきっかけにもなりますね。また余談ですが、社員食堂(一般開放は12:30~13:30)も利用することができるので、JAXA職員になった気分でランチするのも記念になります。

 

ぜひ、自然と宇宙を感じに行ってみてはいかがですか?

 
 
 
 
 

※種子島宇宙センターは現在、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、5月31日まで休館となっています。(休館延長の可能性あり)最新の情報につきましては、ホームページをご確認ください。この記事が、おでかけを楽しめるようになった際の参考になりますように。

Original

この記事を書いた人

ライター あずあず

ブロガー、ライター/男女2児のママ。
めずらしい場所に行ったり、レアな体験をするのがスキ。
Let’s オモ活!(オモシロイ体験をする活動)
インスタグラム: azuazu_wakuwaku