search

イルミの新定番、広大な競馬場で行われる東京メガイルミ

2020/03/13

遊園地、ショッピングモール、公園・・・

最近では至る所でイルミネーションが行われていますが、今、競馬場でのイルミネーションが話題になっているのをご存じですか?

その名も「東京メガイルミ」。

品川のウォーターフロント、大井競馬場で行われています。

最近競馬も流行のタレントや俳優をCMに起用し、おじさんばっかりというイメージはなくなってきましたね。

今回は、大注目の競馬場で行われているイルミネーションをリポートします!

 

東京メガイルミの概要

 
 
 
 

住所:東京都品川区勝島2-1-2 大井競馬場

電話:03-3762-5230

アクセス:東京モノレール「大井競馬場前」下車徒歩2分

京浜急行本線「立会川」下車、徒歩12分

大森駅、大井町駅、品川駅、目黒駅からバスも出ています。

開催期間:2020年3月29日まで

チケット:大人1000円、子ども500円

HP:https://tokyomegaillumi.jp/

※競馬開催日にイルミネーションは行われていません。必ず実施日・営業時間をHPでご確認の上、お出かけ下さい。

 

初めての競馬場!

 

今回、はじめて競馬場を訪れました。

「東京メガイルミ」は今回で開催2年目。

CMでもちょくちょく見かけていたほか、テレビでも取り上げられ話題に。

一時期はカフェも待ちが出るほど人気になったそうです。

 

今回はWebでチケットを事前購入し、向かいました。

競馬場の入り口はいくつかありますが、イルミ開催日は北門しか開いていないため、注意しましょう。

 

 

 

 
 

ゲートをくぐると競馬場ならでは、メリーゴーランドでお出迎えしてくれます。

パンフレットには道順が載っているので、コレ通りに進むことを強くおすすめします(私たちは順路無視をし、上手に回れませんでした・・・)

 
 

人混みとは無縁!広大な敷地でゆったりイルミ

 
 
 

オープンすぐ入ったので、まだ明るいのですが、客席からは奥のイルミネーションエリアを一望できます。

また、1日数回噴水ショーも行われるのですが、風向きにより近くにいるとまあまあ濡れます。笑

 
 
 
 

「TOKYO TIME TUNNEL」を通ってタイムトラベルエリアへ。

ちなみに、メガイルミのテーマは過去から現在、未来へのTOKYOを表現しています。

このトンネルもランダムに色が変わり、さまざまな表情があります。

 
 
 
 

トンネルを抜けた先にある棚田エリアと、

 
 
 
 

その先の稲穂エリア。

この日は満月で、月と輝く稲穂のようなイルミネーションが幻想的でした。

 
 
 
 

テレビでの露出も多かった、江戸桜トンネル。

こちらも時間により色が変わるのですが・・・

 
 
 
 

中から見るとまた美しい・・・!

分かりにくいのですが、電球1個1個がお花の形をしているんです。

 
 
 
 

江戸にぎわい光夜では、にぎやかな江戸の風景を音と映像を交えて体感できます。

 
 
 
 

江戸エリアを抜けると藤棚がありました。

 
 
 
 

こちらは大正ロマンを表現した庭園。

 
 
 
 

隣にはおしゃれなカフェがあり、寒い時期も暖まることができます。

ここでは抹茶スイーツや味噌煮込みうどん、鶏めしなどが食べられますよ。

 
 
 
 

昭和ただいま横丁を通って元のエリアに戻ります。

ここは人がいないのに賑わっているような、音の響きで、本当に横丁を歩いている気分になります。

 
 
 
 

最後に見たいのが「TOKYO TEINKLE MAP」。

他のお客さんもいたので全体像は撮影できなかったのですが、東京の地図が映像で映し出されており、踏むと名所が浮かび上がる画期的なイルミネーション。

小さな子どもが何度も何度も踏んで楽しんでいました。

 

まとめ

 

話題のイルミネーションスポットですが、競馬場という広大な敷地で開催されているため、人混みを感じにくく、ゆったり見ることができます。

また、フォトスポットも多く、インスタ映え写真もたくさん撮れますよ!

ゆっくり回って90分ですが、途中でイートインスペースもあるので、温かい飲み物などで休憩しながら回るのもおすすめです。

まだまだ寒い日が続くので、あたたかくしてお出かけして下さいね。

おことわり

 

「東京メガイルミ」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業期間が3月19日(木)まで延長となりました。3月20日(金)以降につきましては、後日HPでの案内があるようですので、気になった方は下記HPをご確認ください。

https://tokyomegaillumi.jp/

 
Original

この記事を書いた人

矢崎 海里

旅行大好き20代女子。26歳で47都道府県旅行制覇!今後はより深く知るために日本各地を飛び回ります。