search

鉄道に詳しくなくても楽しめる!話題の天空ノ鉄道物語をレポ

2020/03/06

突然ですが、鉄道は好きですか?

私は俗に言う「鉄オタ」ではありませんが、路線図を見たりするのは大好き。

また、転勤族だった影響から、人よりは電車に詳しい方です。

 

今、六本木では「天空ノ鉄道物語」という鉄道展が開催されています。

電車の種類や時刻表などは全然興味ないのですが、HPを見る限り何だか楽しそう・・・

口コミも「鉄道に詳しくなくても楽しい!」と好評だったため、今回訪れてみました!

 

「天空ノ鉄道物語」について

 
 

開催期間:2019年12月3日~2020年3月22日

開場時間:10時~22時(ただし火曜日は17時まで)

※入館は閉館の45分前まで

場所:〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー

(六本木ヒルズ森タワー52階)

HP:https://tentetsuten.com/

チケット:一般2500円、高校生・大学生1500円、4歳~中学生1000円(全て税込み)

 

六本木ヒルズ森タワー52階のフロア全てを使った大規模の鉄道展。

六本木ヒルズには展望台がありますが、そのフロアさえも鉄道展の会場となっています。

入場料が若干高いかな、と思いましたが、海抜250mの展望台の料金込みと考え購入。

結果大満足の展示だったため、この値段を払う価値があると思います。

 

 

まずは盛りだくさんの内周

 
 
 
 

チケットを購入すると、一緒に硬券がもらえます。

展示は内周と外周があり、内周から案内されます。

 
 
 
 

入り口で硬券に日付を印字します。

だいぶ固く、印字するのに力が要りました・・・

 
 
 
 

まずは1964年の上野駅から。

時刻表と行き先、なんだかノスタルジック。

当時は北の玄関口として栄えた上野駅、寝台列車も多数発着していました。

 
 
 
 

日本各地から集めたヘッドマークたち。

いまでは姿を変え、新幹線の名前に使われているものもあります。

 
 
 
 

懐かしい看板。

北海道新幹線が開通する前は、青函トンネル内の駅に停車する電車もありました。

今はどうなっているんでしょうか・・・

 
 
 
 

人気の寝台、トワイライトエクスプレスのエンブレム。

この長い距離を列車で繋ぐとは・・・

 
 
 
 

そして、原寸大のトワイライトエクスプレスも。

 
 
 
 

室内の家具や装飾は、全て実際に使われていたものだそうです。

 
 
 
 

憧れの食堂車。

一度はご飯を食べてみたいです。

 
 
 
 

こちらはJR7社の制服が勢揃い。

今や当たり前のJRが国鉄だった時代の展示もありました。

 
 

 

 

ご当地列車の特集に、気になる文字。

そう、最近私(海里)と同じ名前の観光列車が走っているんです。

いつか乗ってみたいな~(高いんだろうな~)

 
 
 
 

時刻表のコーナーは壁一面にJTB時刻表の表紙がずらり。

実際の時刻表を見られるコーナーでは、熱心なファンたちが集まっていました。

 
 
 
 

内周展示最後は、東日本大震災で甚大な被害を受けた三陸鉄道再開の際の写真展。

鉄道写真家・中井精也さんの写真はリアリティがあり、ちょっとウルッとしながら外周展示にいきます。

 
 

東京の景色が一望できる!展示もまだまだたくさん!

 
 
 

外周は一転、展望台に出現した「天空駅」の世界。

段ボールで作られた機関車と、海抜250mの景色が楽しめます。

 
 
 
 

東京タワーもこの通り。

日没後は夜ならではの演出が行われているそう。

 
 
 
 

奥には電車でGOなどのシュミレーションゲームがあり、長蛇の列。

大人も夢中でやっているので、体験するには少し時間がかかりそう。

また、高知を走るアンパンマン列車の本物のいすで写真撮影もできます!

プラレールコーナーはちびっ子たちが張り付いていました。

ここが一番ちびっ子たちが楽しめそうなコーナーです。

 
 
 
 

昔の地下鉄の券売機。

真ん中のは私でも見たことがあります!

最近はチャージばかりで切符を買うこともなくなりました。

 
 
 
 

開けたところにはカフェが。

コーヒー片手にくつろぐことができます。

 
 

 

 

このマーク、何だか分かりますか?

東京メトロと都営地下鉄のマークがずらり。

インスタ映えスポットです。

 
 
 
 

展示もそろそろ終わり。

グッズ売り場にはここでしか買えないオリジナルグッズなどが盛りだくさん!

ヘッドマークの巾着や、お弁当箱も可愛いですよね。

 
 

 

 

展示が終わった後は、同じフロアのカフェでひとやすみ。

コラボメニューやヘッドマークラテなどを求め、私が行った時も大行列でした。

 
 

まとめ

 

博物館など、さらっと見て満足する私が、「天空ノ鉄道物語」を回って90分。

みどころ満載&興味をそそる内容で、大満足でした!

3月22日までなので、ぜひ訪れてみて下さいね。

 

お知らせ

 

新型コロナウイルスの影響で、2月29日(土)~3月13日(金)の間、臨時休刊となっています。

3月14日(土)以降の予定については、HPで改めて案内があるようです。

お出かけの際は、下記HPをご確認くださいませ。

https://tentetsuten.com/

Original

この記事を書いた人

矢崎 海里

旅行大好き20代女子。26歳で47都道府県旅行制覇!今後はより深く知るために日本各地を飛び回ります。