search

メロンだらけ !?『道の駅 七城メロンドーム』へ行ってみた

2019/10/18
皆さんは道の駅は好きですか?

道の駅は全国どこにでもあるため、旅の合間の小休憩に利用したり、お土産や物産品、地元の新鮮な野菜を買うために立ち寄ったりと、様々な人が利用しているかと思います。
 
私が住んでいる九州にも、約130ヶ所以上の道の駅があります。その中で、熊本にはメロンの形をした道の駅があるのをご存知ですか?今回は熊本にあるちょっと変わった形の道の駅「七城(しちじょう)メロンドーム」と、その周辺にあるオススメの道の駅をご紹介いたします!
 

■そもそも「道の駅」って何?

 
「道の駅」とは、サービスエリアやパーキングエリアのように一般道でも24時間自由に利用できる休憩所を設置することを目的に作られました。そのため、日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省によって登録された商業施設や休憩施設、地域振興施設等が一体となった道路施設を言います。
 
道の駅にはその土地の物産から名物のお土産の販売、レストランを併設しているところなど、道の駅の形態も様々です。
「道の駅」は1991年、山口県、岐阜県、栃木県の3県に実験的に設けられて以降、1993年に全国103ヶ所が登録され、現在までに1000以上の道の駅が登録されています。
 

■道の駅「七城メロンドーム」とは

 
山鹿市から南阿蘇へと通じる国道325号沿いにあり、光センサーを用いた糖度検査で合格した「メロン」が有名で、この他にもメロンを使ったデザートなども販売しているとのこと。

また、名前の通りメロンの形をしたドーム状の建物が目印というため、一度行ってみる価値があると思い、今回行ってみました。
 

■アクセス

 
熊本県山鹿市からアクセスする場合は国道325号を東へ20分程、九州自動車道からアクセスする場合は「植木I.C」を降り、県道を東北に菊池方面へ15分程行った先に「七城メロンドーム」はあります。

車で行くことをオススメしていますが、どうしても車がないという人は熊本市内の「熊本桜町バスターミナル」から山鹿バスターミナル行きに乗ると、約1時間半程でアクセスすることができます。
 
周辺は広い田畑が広がっており、のどかな景色が広がる中に道の駅はあります。
駐車場は普通車が263台停められる広さがあり、観光客以外にも地元の人も気軽に利用できます。
 

■実際に行ってみた!

 
実際に道の駅「七城メロンドーム」に行ってみました。
この日は生憎の雨…さすがに人も少ないかと思いつつも10時半くらいに到着。
しかし実際に行ってみると、営業時間からそんなに時間が経っていないというのにたくさんの車が停まっていました。

そして建物の形は…噂通り、大きな「メロン」の形!
遠くからでも「メロン型」は目立っており、途中からナビする必要がありませんでした。
 
 
 
 
早速中に入ってみると、たくさんの地元の野菜や熊本の物産品、そして「メロン」の商品がたくさん並んでいました。
 
 
 
 
もちろん、メロン以外にも季節の果物も売られています。
行ったのが9月ということもあり、旬の桃や梨、葡萄などが売られていました。
ドームの奥には光センサーがありましたが、行った時は動いていませんでした…残念。
 
さて、実はここでどうしても食べておきたい2つのものがあり、私はこの道の駅「七城メロンドーム」に来ました。
それは何かというと…
 
 

【とりで農園】アイスコーナーにある 「生メロンソフトクリーム」と、パンコーナー【小麦館】 にある「メロンパン」!

 
この2つだけはここでしか手に入らないため、ぜひ一度食べてみたいと思い早速買ってみました。
 

①「生メロンソフトクリーム」

アイスコーナーはメロンドームの一番右奥にあり、店頭には角切りにされたメロンや牛乳アイスなどが並んでいました。
 
 
 
 
生メロンソフトクリームには「青肉メロン」と「赤肉メロン」の2種類があり、今回は「赤肉メロン」のソフトクリームを購入しました。
注文してすぐに店員さんは店頭にあった牛乳アイスと角切りのメロンを機械に入れていました。
生メロンソフトクリームはその場でアイスとメロンを混ぜて作るようです。
出来上がったソフトクリームはほんのりオレンジ色で、メロンのいい香りがします。
 
 
 
 
早速一口食べてみると、思ったよりあっさりとしたメロンの甘さと牛乳アイスのなめらかな食感が口に広がります。
シャーベットのようなメロンがところどころ入っているため、濃厚すぎず非常に食べやすいシフトクリームでした。
 

②メロンパン

パンコーナーはアイスコーナーと同じエリアにありますが、目的のメロンパンはなんと入り口でも販売されていました。
緑色のメロンパンとオレンジ色のクリーム入りのメロンパンの2種類があり、せっかくなのでどちらも購入しました。
 
 
 
 
家に持ち帰り早速食べてみました。
まず緑色のメロンパンから食べてみると、通常のメロンパンより生地がしっとりとしており、クッキー生地からはほんのり果汁の香りがしました。
 
 
 
 
次にオレンジ色のクリーム入りのメロンパンを食べましたが、こちらは先ほどのメロンパン同様にほんのり甘いメロンの香りがするだけではなく、濃厚なメロンクリームがさらに加わっているため、甘いもの好きにはたまらないメロンパンでした。
 
 
 
 
個人的にはクリーム入りが非常に美味しかったですが、どちらもまた食べたい一品でした!
 

■近くのオススメ道の駅

 
道の駅「七城メロンドーム」の後はどうしようか悩んだら、ぜひ行ってほしいのが他の道の駅!
実は道の駅「七城メロンドーム」の近くにはまだまだ道の駅がたくさんあります。
そこで、道の駅「七城メロンドーム」からも行きやすいオススメの道の駅を2つご紹介します!
 

①道の駅 旭志(きょくし) 旭志村ふれあいセンター 

 
 
 
 
道の駅「七城メロンドーム」から車で約15分の場所にある「道の駅 旭志(きょくし) 旭志村ふれあいセンター 」は、旭志牛という父に黒毛和牛、母にホルスタインを持つご当地ブランド牛が有名で、和牛並みの美味しさでありながら、お求めやすい価格で購入できるのが特徴です。

道の駅の中は地元の野菜やお米だけではなくお惣菜、胚芽パン、ジャムなど、幅広く揃っており、レストランも併設しています。
 
 
 
 
今回は奥のおかずコーナーで売られている「ごろっコロッケ」と「メンチカツ」を購入して車で食べることに。
その場で作っているためほんのり温かく、揚げたての良い匂いが車に広がります。
 
 
 
 
「ごろっコロッケ」をまず食べてみると、ほくほくのジャガイモの中に大きな角切りの牛肉が入っており、普通のコロッケより食べ応え抜群!
コロッケ自体にもしっかり味がついており、夕飯に出てきたら嬉しい一品です。
 
 
 
 
次に「メンチカツ」を食べてみると、こちらも肉厚なメンチとソースの相性が抜群。
 
 
 
 
こちらのおかずコーナーではカツサンドなども売っていたため、後から購入すればよかったと後悔…。
次回行った際はサンドイッチも食べてみたいと思います。
 
【住所】
道の駅 旭志
〒869-1205 熊本県菊池市旭志川辺1886番地
【公式サイト】
https://www.kyokushi.com/
 

②道の駅 泗水(しすい)  養生市場

 
 
 
 
こちらも道の駅「七城メロンドーム」から車で約15分の場所にある道の駅の一つで、こちらは道の駅自体は他の道の駅と同じく物産品や地元の野菜、お惣菜などが売られており、軽食コーナーもあります。
ここの特徴は隣にある「泗水孔子公園」。
 
 
 
 
実はこちらの泗水町の名前の由来が中国思想家・孔子が生まれた中国山東省泗水県にちなんだといわれることから、町名百年の記念として1992年(平成4年)につくられました。
 
中に入ると、園内はかなり広く綺麗に整備されており、一歩中に入ると中国を意識した建物が出迎えてくれました。
また、公園内には孔子の教えがあちこちに書かれており、歴史の勉強にもなりました。
 
 
 
 
 
 

前述通り、この日は雨が降っているためゆっくり公園散策はできませんでしたが、天気のいい日は公園で散歩した後に道の駅でお弁当を買って食べるというのもいいかもしれません。
 

【住所】
道の駅 泗水 養生市場
〒861-1212
熊本県菊池市泗水町豊水3393
【公式サイト】
http://t-sumi.xsrv.jp/youjou/
 

■まとめ

 
いかがでしたか?
今回道の駅「七城メロンドーム」を含む3ヶ所の道の駅をご紹介しましたが、その魅力は伝わりましたか?
次は道の駅「七城メロンドーム」に売ってあったメロン団子やメロンシャーベットなど、まだ食べていない商品も食べてみたいです。
 
私は最初、メロンドームだけ行ってみるつもりでしたが、その周辺にあるたくさんの道の駅を巡ってみて、道の駅巡りの楽しさを知ることができました!
今回行った道の駅も含め、今後はたくさんの道の駅を開拓していこうと思います。
皆様もぜひ、遠の駅「七城メロンドーム」に行ってみてはいかがでしょうか?
 
【住所】
道の駅 七城メロンドーム
〒861-1368
熊本県菊池市七城町岡田306
【公式サイト】
http://www.melondome.co.jp/
 
 
Original

この記事を書いた人

ライター よしの

生まれも育ちも福岡のWebデザイナー兼映像クリエイター。
天神界隈を中心に、女性向けの可愛いカフェから物珍しいスポットまで、福岡市の新しいスポットを幅広く開拓しています。
好きなラーメンの硬さは粉落としです。