search

え?自分で作れるの?!浅草でたい焼き作り体験に行って来た

2019/06/06
こんにちは~!おもしろお出かけ好き、あずあずデス♪
今回は、浅草でたい焼き作りが体験できると聞きつけて「求楽(ぐらく)」さんへオジャマして来ました!こちらでは、実際にお店で使っているたい焼き機と同じもので作れるんですよ~。
予約方法や体験の流れなど詳しく紹介します。
 

◆「浅草たい焼き工房 求楽(ぐらく)」さんはどこにある?

 
求楽さんは、銀座線「田原町駅」1番出口から徒歩4分の場所にあります。赤い
鳥居のような店構えで、浅草らしい雰囲気です。
 
 
 

「求楽(ぐらく)」という店名はどんな意味があるのか気になっていたのですが、楽しさを求めるという意味と、Good Luck に発音が似てるところから来ているんだそう。ステキですね!
 
 
 
 
お店の奥の暖簾をくぐると体験スペースがあります。
畳のお部屋で、襖の浮世絵やディスプレイされたお面など、"The日本"な空間です。昔ながらのかき氷機も発見!
 
 
 
 
< 浅草たい焼き工房 求楽(ぐらく)>

住所:東京都台東区西浅草2-3-2
アクセス:銀座線「田原町」1番出口より徒歩4分
お問い合わせ先:03‐6338‐1809
メール:taiyaki.guraku@gmail.com
営業時間:たい焼き作り体験/11:00、13:00、15:00、17:00、19:00
テイクアウト/11:00~18:00(不定休)
体験料:大人3500円、小中高生2500円、未就園児無料 ※未就学児は保護者が同伴
所要時間:約1時間
予約方法:公式サイト内予約フォーム、電話にて要予約
公式サイト:https://guraku.jp/
サービス:たい焼き作り体験にオプションでかき氷作り体験500円が付けられる


◆ さっそくたい焼きを作ってみましょう


体験コースは大人3500円、小中高生2500円(未就園児は無料)でたい焼きが6個作れます。
具材や調味料はメニューから選んでも良いですし、自己責任で持参しても良いそう。
最初に2個作って試食→その後に4個作りますよ~。
 
 
 
 
手を洗って、エプロンを付けたら(貸し出し) たい焼きの歴史や作り方の流れを映像で見ます。
 
 
 
 
1、いよいよ生地作り。ボウルに粉をふるって水と混ぜ合わせます。
 
 
 
 
2、生地が完成したら、チャッキリという道具に入れます。
 
 
 
 
3、あんさしにあんこを詰めたら準備完了~。あんさしの横にはメモリが付いているので、作る個数によって量を調節します。
 
 
 
 
4、軍手をはめて油をぬりぬり♪たい焼き機はとても熱いので、火傷に気を付けて!
 
 
 
 
5、赤い持ち手の左側にチャッキリで生地を1/3流し込みます。
左側にあんを入れるので、少し深い溝になっているそう。あんを乗せたら、反対側にも1/3流し込みます。鉄板を斜めにしてシッポまで生地を流しますよ。
 
 
 
 
6、2つの鉄板を合体させます。かなり重いのでがんばって勢いよく閉めます。
 
 
 
 
7、2分焼いたら、鉄板を開けて完成~◎
ちなみに中身は「生クリームあんこ」と「あんバター」をチョイスしました。
見よ!この嬉しそうな顔(*^-^*)
 
 
 
 

◆ 今度は持参した具材でチャレンジ!

 
先ほど同様、油をぬった鉄板にチャッキリで生地を流し込み、あんを入れます。
 
 
 
 
白玉、ミックベリー、スライスチーズを持参してみました。気泡はスプーンでつぶすと良いそうです。どんどん焼けて行ってしまうので、時間との勝負
ちょっと生地を入れ過ぎたみたい(笑)
 
 
 
 
鉄板を閉めて2分後にオープン。きゃー!チーズが出てしまいました(笑)それも味ですね。
たまらずチーズたい焼きをアツアツでいただきます♡美味しい―♪
 
 
 
 

◆ まとめ・感想など

 
浅草でたい焼き作り体験はいかがでしたか?
自分で作った出来立てアツアツのたい焼きの味は格別でした!子どもが作る場合はスタッフさんが補助してくださるので安心ですよ。
又、たい焼き作り体験にオプションでかき氷作り体験もプラス500円で付けられるそうです。こだわりの氷が味わえるなんて、これからの暑い季節にピッタリですね!
 
 

 

 

たい焼き作り体験の時間は、11:00、13:00、15:00、17:00、19:00と設定されていますが、相談すれば他の時間でも対応してくださるそうです。ぜひお友達と、ファミリーで、デートでも作りに行ってみませんか?
Original

この記事を書いた人

ライター あずあず

ブロガー、ライター/男女2児のママ。
めずらしい場所に行ったり、レアな体験をするのがスキ。
Let’s オモ活!(オモシロイ体験をする活動)
インスタグラム: azuazu_wakuwaku