search

785段の先の絶景!こんぴらさんレポート

2018/12/05
数々の石段を乗り越えて辿り着く、絶景と由緒ある神社。
古くから四国の人々を中心に愛されている、「こんぴらさん」。
四国にも香川にも行ったことがあるのに、なぜか訪れる機会がなかった私は、今回このために四国入り!
念願のこんぴらさんを満喫してきました。


こんぴらさんへの行き方は?
 


こんぴらさんの正式名称は「金刀比羅宮」。
最寄り駅はJR琴平駅、または琴電琴平駅です。
どちらの駅からも歩くことができ、公共交通機関でのアクセスがいいのは嬉しいポイントです。

最寄り駅から石段の1段目までは徒歩20分。
その間には名物さぬきうどんのお店や、可愛い雑貨店が並びます。
 


いざ!石段へ!

 
 

ここがスタートの1段目の石段です。
こんぴらさんでは周辺の飲食店、おみやげやさんでは、無料で杖を貸し出しています。
あるお店では「体力に自信がある人も、持っておけばどこかで助けとなるでしょう」という深いお言葉もあったのですが・・・
残念ながら私は写真を撮りながらの旅だったので持つことができず。
 
 
 

今はぐうたら女子ですが、昔は学校で体力テスト1位になったこともあり、1000段の山寺を軽々登った過去も。
785段なんて軽い軽い、と思っていました。
下の方はまだまだおみやげ屋さんや飲食店もあり、キョロキョロしながら余裕余裕♪
 
 
 

おっと!?
なんか段差が急に広がったような・・・
 
 
 

365段、「大門」です。
沿道のお店もここまで。
振り返ってみると・・・
 
 
 

今まで登ってきただけでも絶景が広がります。
 


本番はここから!

 


大門をくぐり、先へと進みます。

 

 

477段、「社務所門」と「書院」があります。
中にはでは円山応挙の襖絵などが公開されています。
 
 
 

おっ!大きな建物が!
そろそろ御本宮か・・・?
 
 

残念!まだ628段、「旭社」。
近くには休憩できるスポットもあるので、ここからのますます急な石段に備え、休息です。
 
 
 

鳥居をくぐると、雰囲気も温度もぐっと変わって厳かに。
いよいよパワースポットの本領を発揮します。
 
 


そしてここが最後の坂、「御前四段坂」

 


両側に手摺があるものの、これが本当にきつい!
ゼーゼー言いながら登る気持ち悪い女子になってましたよ、絶対・・・


やっと到達!

 


さあ、ここが785段の頂点、「御本宮」です。
農業・殖産・医薬・海上守護の神として、信仰されています。

 


奥にある高台からは、雄大な讃岐平野や瀬戸大橋、讃岐富士を望むことができます。


まとめ

 


登り切った達成感に浸っていたのですが、画像の看板を見た時はぞっとしました。
「ここがゴールではない・・・?」

そう、まだ先があるのです。
「厳魂神社」まではなんと1368段。
ここからまだ1時間弱かかるというのです・・・

ほとんどの人がここでUターンしていくので、私も都合良くここがゴールと認定!
帰路はスキップで降りました。
杖があれば・・・
次は奥舎まで行ってみようかな。
 
 
こんぴらさんの情報はこちら