search

ネットニュースでも話題!穴場テーマパーク「恵那 銀の森」に行ってみた

2018/11/05
 
7月10日に“森のおすそわけ”をテーマにした新店舗『PATISSERIE GIN NO MORI』がオープンした恵那 銀の森に行ってみました。
岐阜県恵那市にある銀の森は、ピザやパスタ、こだわりの出汁や和菓子・スイーツなど、幅広いジャンルの食に関するショップが集まる、いわば食のテーマパークです。
テーマパークと言ってもアトラクションなどは一切ないのですが、その代わりに恵那市の豊かな自然が味わえます。


突如現れる小さな森

 

 


恵那ICから車で10分ほど走ったところに、銀の森はあります。
広々とした駐車場が3か所あるので、ドライブがてら寄り道するのもおすすめ。
緑豊かで、気持ち良い風を感じられます。
敷地内に入ってみると、手入れされた芝生があり自然豊かな印象。
よーく見ると、かわいらしい木のオブジェが。
 

 

色合いも優しく、自然に馴染んでいます。

 

 

 

小川も。

 

気になるレストラン

 

テイクアウトメニューも充実しているので、芝生の上でゆったりランチを楽しむのもいいですが、私たちは腹ペコなため、できたてピザやパスタを味わえるレストラン『森の食卓』へ。

 

 

 


入口はすっかりハロウィン仕様。
こちらの入り口を右に進むと、銀の森ショップがあり、左手にレストランがあります。
ビュッフェ形式で好きなものを好きなだけ!
 

 

 

 

 

 

 

 


新鮮なお野菜や、デザートも豊富!女性にはうれしいですね。

 

お子様用チェアや紙エプロンもあるので、小さなお子様連れでも大丈夫。
 


どんぐりいっぱい

 

お腹がいっぱいになった私たちは、少し散策を。
オープンしたばかりの『PATISSERIE GIN NO MORI』。

 

 


扉を開けると、目の前にドドーンとどんぐりの木が現れます。
 

 

よーく見るとランプもどんぐり型!!
 

 


店内はブルーを基調としており、お菓子たちがまるで宝石のごとくディスプレイされています。
ここの料理長はリスのチェス、だそうです。
どんぐりクッキーは箱もおしゃれなので、贈り物やちょっとした手土産に喜ばれそう!
 

楽しみ方色々!

 
 
他にも和菓子を扱う『美栗舎』、出汁と佃煮のお店『おくど』など、和洋様々なショップが森の中に点在しています。素敵な建物で、つい寄り道。
 

 

 


お気に入りの店舗が見つかるかも。
テラス席では自由に休憩することもできるので、四季を感じながらのんびり過ごすこともできますし、緑豊かな自然の中で食べるごはんはより一層おいしく感じられそうですね。
カップルやファミリーでお買い物や食事を楽しむのはもちろん、愛犬を連れて散歩を楽しむ方もたくさんいらっしゃったので、様々な楽しみ方や発見がありそうです。
 
 
銀の森公式HPはこちら

 
Original

この記事を書いた人

ライター tomomi

一児の母。旅行が趣味で夢は退職後に旦那と世界一周すること。
今は、夫の夢である日本47都道府県制覇に向けて、子連れ旅を楽しんでいます。人生一度きりをモットーに!