search

鳥取コナン旅レポ 青山剛昌ふるさと館編

2018/10/23

こんにちは!前回「鳥取コナン旅レポ 鳥取砂丘コナン空港編」を執筆した矢崎です。

今回は後編、いよいよこの旅本命の「青山剛昌ふるさと館」のレポートをしていきます!

 

 

「青山剛昌ふるさと館」へのアクセスは?

 

 

 

「青山剛昌ふるさと館」へは、山陰本線由良駅から徒歩20分、または前回ご紹介した鳥取砂丘コナン空港から直通バスで約65分です。

ご覧の通り、由良駅はコナンに乗っ取られ、「コナン駅」になってます。笑

 

 

 

駅前ではコナンの像がお出迎え。

さて、ここから20分歩きますが、道中には様々な仕掛けがあるので、歩くのが苦手な方も安心して下さい。

 

 

あっとい間に20分!道中のお楽しみスポット

 

 

 

駅から歩き始めてすぐ、町立図書館が見えてきます。

入り口では新一が腕時計とにらめっこ。

蘭を待っているのでしょうか?

もう、散々蘭のこと待たせたんだから、ちょっとくらい気長に待てばいいのに。笑

 

 

 

「青山剛昌ふるさと館」のある北栄町は、町を挙げてコナンをアピールしています。

マンホールは青山先生デザインのコナンバージョン、町役場にもコナンがいます。

 

 

 

更に進んでいくと、米花商店街が見えてきます。

商店街にはコナングッズのショップやパン屋さん、カフェが軒を連ねます。

 

その中でも一際目立つのが工藤邸。

インターフォンを押すと、コナンが「新一兄ちゃん留守なんだ」と対応してくれます。

今は赤井さんが住んでいるのかな。

 

他にも道中少年探偵団のモニュメントがあったり、ベンチで小五郎が推理ショーをやっていたり、思わず立ち止まってしまうスポットがたくさん。

飽きるどころか、いちいち立ち止まってみてしまうため、30分以上かかってふるさと館に到着しました…


いよいよ館内へ潜入!

 

 

 

まずは少年探偵団がお出迎え。

この絵も先生が書いたナチュラルな絵だと思うと感慨深いです。

藍ちゃんの髪色とか、あゆみちゃんのカチューシャとか、アニメで見る色とは微妙に違います。

 

 

 

博士のビートルも止まっています。

藍ちゃんとドライブでしょうか?

 

 

 

さて、いよいよ館内へ潜入です。

入館料は大人700円。

カラーで素敵なチケットがもらえます。

柄は3種類あるので、次に来た時もどの柄かワクワクしますね。

 

 

 

入ってすぐは、青山先生の生い立ちや幼少期の絵が飾ってあります。

先生の挨拶はコナン、キッド、YAIBA3ショット。

このタッチもまたいいですね。

 

 

 

先生のお仕事スペースはこんな感じだそう。

 

 

 

ここでは実際に阿笠博士の発明品体験ができます。

蝶ネクタイ型変声期の他に、ターボエンジン付きスケートボードにも乗ることができます。

 

 

息をのむ原画

 

今回訪れた際は、幸運にもあの「ベルツリー急行」の原画展が開催されていました。

 

ベルモット、有希子、安室、キッド、赤井、宮野志保

そうそうたるキャストが出演する伝説の巻の原画は、とにかく言葉にならない芸術品です。

 

今にも動き出しそうな躍動感のあるタッチに感動しっぱなし!

残念ながら原画は撮影禁止でした。

 

 

 

1作から最新作までの劇場版のポスターが飾ってあるエリアは、思わず懐かく見入ってしまいました。

好きな映画はたくさんありますが、ちょっとずるいけど、ルパコナが一番好き。

 

アニメ界のレジェンド、モンキーパンチと青山先生のコラボは、まさに平成の大作でした。

 

 

コナン探偵社でオリジナルグッズをゲット!

 

 

 

隣のミュージアムショップでは、コナン探偵社限定グッズや、鳥取県とコラボした商品が並んでいます。

コナンのキャラクターがプリントされたクッキーや、キャンディなどお菓子から、ピンバッジ、メモ帳、ぬいぐるみなどなど、とにかく何でも揃っています。

 

 

 

中でも大人気だったのが鳥取県限定ガチャガチャ。

安室に取り憑かれた女子が、お目当てが出るまで何度も回していたのが印象的でした。

 

よーく見ると松田の姿も。マニアック

 

 

まとめ

 

 

 

山陰本線は一日に数本、コナンのラッピングトレインを運行しています。

運が良ければ会えるかも?

 

鳥取県はコナンの他に、ゲゲゲの鬼太郎も有名です。

魅力がない、印象が薄い県と言われていますが、アニメ好きの方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

青山剛昌ふるさと館の情報はこちら

 

 

Original

この記事を書いた人

矢崎 海里

旅行大好き20代女子。26歳で47都道府県旅行制覇!今後はより深く知るために日本各地を飛び回ります。