search

こんなところに!?十割蕎麦が味わえる隠れた名店「梅庵」に行ってみた

2018/09/25
蕎麦と言えば、信州長野!長野県の山奥に、ひっそりと暖簾を構える「梅庵」さん。
 
信州そばのルーツとなった行者そばのお店として、そば通の間でも有名なお蕎麦やさんへ行ってみました。
 
そばの味ももちろんおいしいのですが、お店の周りは山と田んぼが広がる、自然豊かなこの場所の雰囲気がなんとも心地良いのです。
 
日々の疲れを癒してくれるような大自然と、おいしい蕎麦をレポートします。
 

自然を感じて


駒ヶ根ICを降り、のどかな道路をひた走ります。
 

 
 
途中で看板が見えてくるので、お見逃しのないように。
 

 
 
 
到着したのは、開店10分前。すでに3組ほどのお客さんが待っているようでした。
 
人気店だと伺っていたので、行列を覚悟して向かいましたが、行列はなく。。。
 

 
 
開店までの間、お店周辺を散策して楽しみます。
 

 
 
 
第2駐車場もあります。
 
後ろを振り返ると、目の前に広がるのは山!!!
 

 
 
すみっこに小川も。水が冷たくて気持いい!
 

 
 
 
 
いざ店内へ。
 
私たちのあとにも、続々と客がやってきたので開店直後は満席になりました。
 

梅庵メニュー


 
 
①行者そば
②田舎そば
③もりそば
 
すべて十割蕎ですが麺の太さや薬味も少しずつ違うようです。
 
私たちが注文したのは、
 

 
 
-行者そば(大盛り)¥1500
 
 
 
 
-田舎そば¥1000
 
 
 
 
テーブルには食べ方マニュアルが!
 
まずはそのまま、次は塩をつけて、最後に辛味大根やわさびなどの薬味とつゆを一緒につけて。
行者そばには、味噌がついており、少量をつゆに溶かして食べてみました。
 
味噌でそばを食べるのは初めてで、どうかな?と少々不安に思いましたが、コクがあっておいしい!
 
辛味大根もすっきりさっぱり、夏にはもってこいの薬味でした。


最後までおいしい


そばを食べ終わるころに運ばれてきたのは、そう蕎麦湯です!
 
個人的に、蕎麦湯はあまり好きではないのでひとくちだけ・・・・と思ったら。
これがまたすごくおいしい!!
 

 
 
結構強めなとろみと適度な塩味が、めんつゆと相まってごくごく飲めてしまう。
気づけば二人ですべて飲み干していました。
 
こんなおいしい蕎麦湯は初めて!これも十割蕎麦の良さなのでしょうか!?
 
私たちが食べ終わる頃には、外に多くの人だかりができていて、お店に向かう車も後を絶ちません。
改めて人気店だということを感じました。
 
後日知ったのですが、梅庵さんは蕎麦だけでなく、鴨のくわ焼きや卵焼きなどのサイドメニューもかなりおいしくて人気があるそう。食べなかったことをひどく後悔しました。
 
これから行かれる方は、サイドメニューもぜひ食べてみてください!
 

行者そば梅庵
長野県伊那市内萱7088-2
TEL: 0265-76-5534
◇11:00~15:00
◇定休日:水・木曜日
Original

この記事を書いた人

ライター tomomi

一児の母。旅行が趣味で夢は退職後に旦那と世界一周すること。
今は、夫の夢である日本47都道府県制覇に向けて、子連れ旅を楽しんでいます。人生一度きりをモットーに!