search

ここだけの限定ラーメン‼福岡・糸島にある『一蘭の森』に行ってみた。

2018/08/30

博多名物の一つである博多ラーメン!
全国的にも有名なラーメン店の一つに『一蘭』がありますが、福岡には『一蘭の森』という工場と店舗、博物館を併設した観光スポットがあるんです!そして、ここでしから食べられない限定ラーメンも。
そんな『一蘭の森』の概要と魅力と紹介します。

車か無料シャトルバスでの訪問がおすすめ

 
車か無料シャトルバスでの訪問がおすすめ 福岡県糸島市にある一蘭の森は、糸島観光と合わせて車での訪問がおすすめですが九大学園都市駅からの無料シャトルバスを利用するのも◎。
 
実際に私たちは行きは波多江駅からタクシー、帰りは無料送迎バスを利用しました。
因みに波多江駅からタクシーの場合、1,500円〜2,000円程度が目安です。

 

▲無料送迎利用の場合は事前予約が必要

 

到着すると雰囲気のある入り口が出迎えてくれます。 

 

 

 
▲晴天時にはもっとさわやかな入口
 
 
そして、小道を抜けると巨大一蘭マークの建物が登場します!!
特に予約や受付は不要のため、それぞれ好きなルート、ペースで見学していくことができます。
 

 

 
▲あの一蘭マークが目印!
 
 
私は早速、工場見学から。
窓越しに麺を製造している様子を見ることができるのですが、少し迫力には欠ける印象。
それでも、じっくり見れば麺ができていく過程について、たくさんの発見をすることができます。
 

 

 
▲帯状になっている麺が少しずつ延ばされていく様子
 
 

 

 
▲完成した麺が袋詰めされていく様子

展示されている解説も簡潔で分かりやすいので是非目を通してほしいポイント。
 1日に9万食分の麺、7万食分のスープ、10万食分の秘伝のたれを製造しているそう。
 
 印象に残ったのが一蘭ではスープと秘伝のタレのレシピを知るのは4人のみとのこと。
さらにその4人が誰なのかも秘密という徹底ぶり。
 

 

 


▲ちょっとした雑学で話したくなる内容笑

 

ラーメン博物館でラーメン博士になろう!

 
ラーメン博物館でラーメン博士になろう!
続いて、ラーメン博物館へ。
基本的なラーメンに関する内容から一蘭のこだわりまで見応え抜群です。
 
 

 


日本全国のご当地ラーメンの紹介では、名前は知っていてもそれぞれの特徴や由来は意外と知らない…なんてこともあり、とても興味深い!

 
 

 

▲三大ラーメンと言われるものがあることも初めて知った筆者

 

 

 
▲ラーメンへのこだわりが詰まった展示
 
 

 

 
 
▲商売の秘訣はまるで、ノウハウ本を読んでいるような内容の充実さ
 

 


▲たくさんの有名人のサインも
 
 
ここまでじっくりと『ラーメン食べたい欲』を刺激された状態で工場併設店舗へ向かいます。
 
 

ここだけの限定ラーメンを味わおう!


店内は昔の屋台をイメージした内装の他、一蘭おなじみの味集中カウンターもあります!
 
 
 
▲子ども椅子や食器、お子様ラーメンもあるので子連れも安心
 
 
もちろん通常のラーメンもありますが、一蘭の森でしか食べることが出来ない限定ラーメンがあるんです。
 
実は筆者が訪問した時には週替わりラーメンが2種類あったのですが、8月より「天然とんこつラーメン(創業以来)」の1種類に変更になってしまったとのこと。
 
 

 

 
 
▲7月末で終了してしまった滋味系とんこつラーメン(限定)、すごく美味しかったのに残念…
 
 
続いて注文したのは通常店舗と同様の一蘭ラーメン。
他の店舗でも食べられるメニューですが、この一蘭の森店では工場でその日できた麺のみを使用しており、食感も風味も多店舗とはまた違う超生麺を味わえるんです。
 
この為だけに足を運ぶ価値あり!とも言える美味しさです。

 

 

 

 
 
▲期待以上に美味しくて余裕で2杯はペロリ♪
 

その他、ギフトショップでは注文票Tシャツなどユニークなお土産も購入出来ます。
 

 

 
 
▲展示してある有名人の書いた注文票Tシャツ。
 
 
友人と一緒に、家族と一緒に、そして一人でも楽しい美味しい一蘭の森。
滞在時間の目安は1~2時間程度なので糸島観光にプラスで楽しむのがおすすめです!
 
 
公式HPはこちらから→一蘭の森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Original

この記事を書いた人

ライター nimo*

ライター/台湾在住の一児の母 岐阜県出身、元食品メーカー勤務。
夫の転勤により17年秋より子連れ海外生活をスタート。食品工場見学が趣味で国内外問わず200か所以上の生産現場を回る。工場見学や台湾、東海地方の情報を紹介していきます。