search

インスタ映えパワースポット!大島の自然を心ゆくまで体感してきた!

2018/08/08
こんにちは!レポミンライターのRisaです✾
 
みなさん、突然ですが、大島って知っていますか?
 
鉄の街東京にも実は南の楽園、島があったのです♪
その名も「伊豆諸島・小笠原諸島」。伊豆諸島・小笠原諸島は「大島・利島・新島・式根島・神津島・三宅島・御蔵島・八条島・青ヶ島・父島・母島」の11の島から構成されています。
どの島も個性の強い魅力的な島ですが、今回はそのなかでも東京から特にアクセスのいい「伊豆大島」に行ってきました♪
この伊豆大島はなんと、東京の港区にある竹芝客船ターミナルから高速ジェット船で1時間半で到着してしまうので大型連休を取らなくても、気軽に島国に行くことができちゃうんです。ちなみに、熱海からは45分で到着するという驚きのアクセスの良さ。
 
そんな大島。火山島としても有名で、有名な三原山を始め、海や山、そして砂漠。たくさんの自然スポットがあります。今回は弾丸の1泊2日旅行だったため全てを回ることはもちろん出来ませんでしたが、それでもかなり濃い旅となり、私は完全に大島の虜になってしまいました…❤

私が行った大島の魅力溢れる大自然・食材の素晴らしさを余すところなく、紹介したいと思います!
 
まずは、大島の魅力・魚と一緒にシュノーケリング

東京都の島だからといって侮るなかれ。大島はシュノーケリングスポットとしても有名です。
わたしにとってシュノーケリングは人生初の体験でしたが、これがもうハマりにハマりました。笑
最初に、シュノーケリングをする際は、サーフスーツに着替えます。
シュノーケリングなのにサーフスーツ?と思われた方もいるかもしれませんが、シュノーケリングは水深の深い海でするスポーツ。
サーフスーツを着ていれば、溺れることも、沈むこともないため、安全のために着るのです。
そして足にフィンをつけます。
フィンをつけることによって泳ぎやすくなります。

海の中の写真は残念ながら撮ることができなかったのですが、(次からは水中カメラ必須ですね笑)
外でとった写真を何枚か紹介したいと思います♪
 

 

 

 

これは、シュノーケリングをする際にサーフスーツに着替えた写真です。
 
真夏の太陽はジリジリと暑いので、上半身は水着を着ています。
初めてサーフスーツを着たので非常にテンション上がっています笑
 
 


今回は伊豆大島の秋の浜というスポットに行きました。
ここは水深3Mで、水もこんなに透明でまさに大島の大自然を体感できるスポット。
 
 

 

エメラルドグリーンの岩が透き通る海に心が洗われる感覚になりました。
 
水中では、観賞用の魚から、そうでない魚まで、ものすごく至近距離で見ることができました。
 
シュノーケリングは基本的に水面にいるため、海の奥底まで潜るといったことはできないのですが、
それでも遠くにいる魚、近くにいる魚を見ることができたので、本当にここ大島でシュノーケリング体験をしてよかったなあと心から思います。
 
そのほかにも大島には魅力溢れるポイントが沢山あります❤
 
 

 

この山は三原山といって大島を代表する山です。
火山で、伊豆大島でも最高峰の標高758Mの山なんです。
まさに、大島のシンボル!
生い茂る木々の先にあるこの三原山は写真で見るよりもずっと神秘的な雰囲気でした。霧が出ると、さらにスピリチュアルさが増します。
そうです、三原山はパワースポットとしても有名なんですね❤

これまた、写真が取れなかったのですが、私たちが宿泊した大島温泉ホテルは、なんといっても露天風呂が最高でして、プラネタリウム級の星空に、三原山の影を眺めながら、入る温泉は絶景でしたよ。
 
朝の露天風呂もこの景色を一望できて、マイナスイオンたっぷりです…
天国ですね♪
 
 
そして最後に紹介したいのが、大島の食材!
大島は、魚も、果物も、乳製品も、何もかもが美味しいんです…❤
 
 

 

 

なにもかもが美味しい大島ですが、今回はこの写真にも多く映されているべっこう丼・べっこう寿司を紹介します!
「べっこう」は伊豆大島の郷土料理として有名で、白身魚(魚はお好みで)を島唐辛子を醤油に漬け込んだ唐辛子醤油に漬けて、その漬け込んだ白味魚を白米の上に乗せたり、お寿司にしたりしていただくと、これがもう最高に美味しいんです。
魚好きなら間違いなくストライクなメニューといえます❤
 
辛いもの好きの人でも食べやすいほんのりした味付けにやみつきになること間違いなし!
この他にも、明日葉やとってもミルキーな大島牛乳など、大島には大自然ならではの本当に美味しい食材がてんこ盛りです!
 
 
自然と充実した食材が豊富な大島で至福の時を過ごしてみてはいかがですか…?♪
 
Original

この記事を書いた人

杉谷 莉紗

Grueezi!! スイスと日本のハーフ、杉谷莉紗です。まだ誰も知らないかも?を発見することが大好きなジャンルを問わない好奇心旺盛ベンチャーライターです!読者の皆様にとっておきの情報、お伝えします♡