search

恋愛成就が叶う!「恋の橋めぐり」の5つの橋を巡ってみた

2018/06/18


伊豆の小京都と呼ばれる修善寺温泉には、温泉街の中心を桂川が流れ、恋にまつわるご利益のある5つの橋が架かっています。願いを込めて橋を渡ると、「恋愛成就」すると言われています。約1時間で巡る「恋愛成就」の旅を紹介します。
 



修善寺温泉マップ


迷わず5つの橋を巡るには、「伊豆市観光協会修善寺支部」のHPなどで、「修善寺温泉のガイドマップ」をゲットしましょう。

「恋の橋めぐり」の方法とは?


 
「福地山 修禅寺」


ミシュラン2つ星の修禅寺は、修善寺温泉の歴史とともに、伊豆八十八ヵ所の結願(けちがん)の場所をして知られています。「恋の橋めぐり」の順番については、最後に修禅寺を参拝する方法などが紹介されています。ものごとをやり遂げて「満願成就」するために、最後に参拝するイメージがあるパワースポットですが、充分にパワーを授かってから始めることが良いとされています。






縁結びのパワーが落ちたまま、修禅寺を参拝せずに「恋の橋めぐり」しても、効果を得られないのではないでしょうか?5つの橋を巡るだけでなく「縁結び」のパワーを最大限に生かす方法を教えちゃいます。
手水舎の「龍の口」から温泉が出る手水舎にサプライズを感じながら、「恋の橋めぐりが始まるんだなあ…」と、期待も高まる修禅寺からスタートしましょう。
 


▲渡月橋


綺麗な水が流れる桂川に架かる5つの橋を、修禅寺の前にある橋の1つ下流にある「渡月(とげつ)橋」から河原沿いの散策路を上流に向かって、「恋愛成就」を願いながら順番に渡ります。
ぜひ最初に訪れてほしい、渡月橋は別名「みそめ橋」と呼ばれ、「良縁祈願」のご利益があると言われています。「運命的な出会い」を願うなら、「理想の相手」を強く思い浮かべながら渡って、素敵なご縁を引き寄せましょう。
 




修禅寺の前にある虎渓(こけい)橋は別名「あこがれ橋」と呼ばれ、ご利益は「恋愛成就」、
桂(かつら)橋は別名「結ばれ橋」と呼ばれ、ご利益は「子宝祈願」、
楓(かえで)橋は別名「寄り添い橋」と呼ばれ、ご利益は「結婚祈願」、

 



5つめに訪れる、滝下(たきした)橋は別命「安らぎ橋」と呼ばれ、「夫婦円満」のご利益があると言われているので、願いを込めて橋を渡るとご利益があるので、必ず「恋愛成就」させましょうね。


 

恋愛成就を願うには5つの橋を渡るだけではダメ!


 
▲「独鈷の湯(とっこのゆ)」


「恋の橋めぐり」では5つの橋を順番に願い込めながら順番に渡りますが、巡るだけでは願いは叶わないと言われています。
虎渓橋の少し上流にある、修善寺温泉のシンボル「独鈷の湯(とっこのゆ)」を見ながら、修善寺温泉を満喫しましょう。
※「独鈷の湯」は現在、見学のみできます。手や足をつけたり、入浴は不可となっています。
 



▲「足湯・河原湯」


「独鈷の湯」で温泉を味わうことはできませんが、河原沿いの散策路入り口に、「足湯・河原湯」が設置されています。旅の疲れを癒すために、ちょっとした温泉気分が味わえるようになっているので、「恋の橋めぐり」が終わってから訪れたい場所ですね。



 

「恋の橋めぐり」で一番のお気に入りエリア





静かな桂川沿いの散策路の中で、瑞々しい新緑の隙間から、赤い桂(かつら)橋が見え隠れする、「恋の橋めぐり」で一番好きな場所です。
 



▲桂橋の石畳

「恋の橋めぐり」の散策路の魅力を象徴するような、竹林の緑と石畳の赤い橋のコントラストが美しいエリアで、桂橋に滞在する時間が長くなり、自然に写真を撮る枚数が増えてしまいます。
 



▲雅な桂橋

修善寺は伊豆の小京都に例えられたりしますが、竹林の小径に架かる赤い桂橋は、ドラマやCMのロケ地になることが多く、SNS映えします。赤く可愛い橋が鮮やかなので、とっても絵になりますね。
 




日本の情緒を感じさせる、ミシュラン二つ星の「竹林の小径(ちくりんのこみち)」に向かう、石畳と赤い橋の風景は、京都を象徴する「雅(みやび)」を感じさせるので、ロケ地に選びたくなる気持ちが、よく分かる風景です。
桂橋を渡るとスグ、「竹林の小径」の入り口があります。次の楓橋までは、竹林の中を通り抜けていきます。
 




「恋の橋めぐり」しながら「寄り道する価値がある」と、評判になっている癒し系スポット「竹林の小径」には、丸く大きなベンチが設けられています。
美しい青竹が立ち並ぶ小径は、凛とした空気が流れて、立っているだけでも頭がスッキリとするような、清涼感があるロケーションが素晴らしいです。非日常感のある贅沢(ぜいたく)な森林浴に癒されて、時間を忘れてしまいそうになるパワースポットです。


 
▲竹林越しの楓橋


竹林に吹く爽やかな風に、葉っぱのざわめきに耳を澄ましていると・・・、竹林の隙間から赤い楓橋が見え隠れしてきます。
ぜひ癒し系パワースポットで、「恋愛成就」のためのパワーを授かってください。

 

 

5つの橋を巡り終えたら確かめたくなる?


 
▲指月殿


少し話が脱線してしまいました・・・、「恋の橋めぐり」で5つの橋を渡ってきましたが、効果を確かめてみたくなりませんか?5つめの滝下橋を渡り終えたら、虎渓橋の近くにあるミシュラン2つ星の指月殿(しげつでん)に立ち寄りましょう。
 



▲お伺い石


指月殿にある「お伺い石」には、摩訶不思議な力があると言われています。想いを込めながら石を持ち上げてみてください。願いが叶う人は軽く持ち上がり、叶わない人はずっしりと
重く感じられるらしいです。もし重く感じたら、指月殿の釈迦如来像にそっと手を合わせて、願いが伝わるように「以心伝心」のご利益を授かりましょう。
ちなみに筆者は持ち上げることができましたが、少し重く感じました。まだまだ「不純な心」があるということなのでしょうか?・・・合掌・・・。
 




最後に訪れてほしい、日枝神社の境内にある御神木の1本杉は、根元から2つに分かれていることから、別名「子宝杉」と呼ばれています。夫婦円満や子宝成就にご利益があることで知られています。ちょっとピンとこない人は、「未来の自分」を想像しながら参拝してみてはいかがでしょうか。



 

レア情報!念には念を・・・スマホに保存しておくべきこと?



 
修善寺温泉のシンボルと言えば「独鈷の湯(とっこのゆ)」ですが、「恋の橋めぐり」にもシンボルがあります。5つの橋それぞれに橋のシンボルを表す、とても珍しい「橋紋(きょうもん)」です。橋ごとに橋紋のある場所が違うので、「恋の橋めぐり」しながら、橋のどこかにある御影石の橋紋探しをしてみてください。
全部見つけて、写真をスマホに保存しておけば、「恋愛成就」の効果がパワーアップするというウワサですよ。5つ全部は無理かもしれないですが、橋にまつわるご利益のなかで、特に授かりたい橋紋を保存しておくだけでも、効果が期待できるそうです。



 

超レア情報!運が良ければ出逢えるサプライズ?



 
ひと通り「恋の橋めぐり」で5つの橋を渡りましたが、あまりにも居心地が良かったので、筆者は再び「桂橋~竹林の小径~楓橋~滝下橋」を巡りました。最後に渡った滝下橋に辿り着いて駐車場に戻ろうとした時・・・、雲の切れ間から陽射しを浴びてキラキラ輝く桂川を、思わず覗き込んでみました。そこで目に飛び込んできたモノに思わず声をあげて、年甲斐もなく・・・はしゃいでしまいました。
桂川に「ハート型の石」を見つけたんです。2度目ですが最後の橋で、「隠れハート石」を見つけることができるなんて、ロマンチックな出逢いにテンション上がりまくりですよ!
 




「恋の橋めぐり」で5つの橋をすべて渡りきると、思いを寄せている人に思いが通じ、恋する2人で渡ると、固く結ばれると言われています。赤い橋はSNS映えするので、「恋の橋めぐり」をしているというよりも、記念撮影をしている人が多く、惚れ惚れしてしまう素敵な風景が広がっています。
特に、桂橋から滝下橋にかけて約300m続く散策路がお気に入りです。清涼感のある「竹林の小径」の緑と、キュートで赤い橋のコントラストが綺麗で、SNS映え必至のスポットと言えます。最高のロケーションに包まれて、しっとりと歩きながら・・・、素敵な風景の中で「恋愛成就」できるなら一石二鳥です。
恋がしっかり実るように、願いを込めながらゆっくり渡りましょう。

 

Original

この記事を書いた人

ライター MAKIJI

マニアックな旅行ライター。ジブリアニメが好きすぎてトトロの森のある街で「観光コンシェルジュ」として活動中。見過ごしがちでマニアックなスポットや、都市伝説のある場所を彷徨って、妄想しながら「ひとりっぷ」している。