search

1,500円で遊び放題!時間を忘れて夢中になれる池袋のボードゲームカフェ「JELLYJELLYCAFE」

2018/06/08

最近ボードゲームが再流行しているのをご存じですか?すごろく、オセロ、チェス。最近では人狼が人気ですね。それ以外にもボードゲームには経営、戦争、開拓、アート……それこそ無数のバリエーションがあります。
今回は、リーズナブルなお値段でボードゲームが遊び放題という「JELLYJELLYCAFE」に行ってきました。

清潔でくつろげる空間


 

JELLYJELLYCAFEは、池袋西口から徒歩3分、蒙古タンメン中本の真裏にあります。雑居ビルの4Fへ上がると、こじんまりとしつつも清潔でくつろげる空間が広がっていました。
 




席は全部で4人がけが6席。おじゃましたのは平日の昼間でしたが、16時には5席が埋まるほどの盛況ぶり。壁一面に所狭しと置かれたボードゲームは池袋店だけで300種類以上!大きな箱がずらっと並んでいますが、明るい窓と、鏡張りの壁のおかげで圧迫感は感じませんでした。机は広々としていて、大きなゲームも十分に広げられます。
 




パック料金に1ドリンクが付いています。特にアルコールが充実していますので、お仕事帰りにも楽しめそうです。


さっそくボードゲーム「カタン」をプレイ


 
会場にあるボードゲームは、パック時間中遊び放題。今回は、ボードゲーム大先輩のKさんと、留学生のI君、ボードゲーム初心者の私の3名で、大名作『カタン』をプレイしました。

 



ダイスの目と同じ数のパネルに、自分の開拓地もしくは都市があった場合、そのパネルが示す資源をゲットすることができます。資源を集めて開拓地を増やし、都市に発展させ、勝利ポイントを早く稼いだ人の勝ちです。
 




ボードゲームの魅力って、駒を触れることにあるのかもしれません。ミニチュアの道路、開拓地、都市はとても精巧にできていて、手に持っているだけでもウキウキします。盤面に置いたときの満足感もひとしおです。

Kさんにルールを教わりながらプレイ開始です。
 



このゲーム、自分がサイコロを振ったときに、必ずしも資源をもらえるとは限りません。サイコロで出た目の土地に、開拓地があるものだけが資源を得ることができます。私の振るサイコロで、他の二人がガッポリ資源をゲットするのを見つめながら何度悔しい思いをしたことか……

自分のターンの時のみ、建設コストを払って新しい道や開拓地を立てることができます。他のプレイヤーと交渉して資源を交換することもできます。サイコロという運の要素と、交渉という戦略の要素が絶妙にブレンドされて、写真を撮るのも忘れるくらい白熱しました。

私と同じく初心者のI君、交渉でその才能が開花。早い時期から港を建設し、希少な鉱石のルートを確保。鉱石をちらつかせながら私たちに巧妙な交渉を迫ります。将来ビッグになるぜ……
 


資源を使って開拓や都市へのグレードアップができるほか、「発展カード」というさまざまな得点の書いてあるカードを得ることもできます。例えば、町を守る「騎士」カードが3枚出ると「最大騎士力」2ポイントを得ることができます。

商才を遺憾なく発揮したI君は、早々に勝利ポイントがリーチに。余裕の笑みで、有り余る資源を唸らせながら発展カードを鬼購入。いつでも上がれる体制で私たちを泳がせます。


 

そして終盤。「もうやることないねー」とI君。最大騎士力を宣言し騎士を3枚提出。上がりに行きます。

そのとき、大先輩Kさんが立ち上がった!伏せていた発展カードをおもむろに表に返し、騎士を1,2,3,4枚!これで最大騎士力はKさんのもの!しかしI君も負けていなかった。すかさず5枚の騎士を出す!Kさんも食らいついて5枚出す!さらにI君6枚!Kさん騎士5枚、I君騎士6枚でI君の勝ち!最後まで相手の手札が読めないドキドキの展開でした。

一方私は鉱石を根こそぎ奪われ、町を発展させることができず、郊外に道を延ばして「最長交易路」2ポイントをひっそりゲット。悔しい。

こんなに白熱しても机が広々としていたので、窮屈さを感じずに最後までプレイできました。家ではこんなに広い机を用意するのも大変です。

ボードゲームの持ち込みもOK! 2戦目は持ち込みカードゲーム対決


 

ここはボードゲームの持ち込みOKということで、先輩Kさんがクトゥルフのカードゲームを持ってきてくれました。
手持ちのカードから英単語を作り、そのポイントを競うシンプルなゲームです。
 



最初に5柱のクトゥルフが配られ、これがHPの役割を果たします。ダイスの目が、カードの得点よりも高いとアウト。クトゥルフを1柱没収されます。手持ちのクトゥルフが無くなると狂気に陥りゲームオーバー。




 
私のカード。この場合は2+4+0+4で10ポイント。20面ダイスで10以下が出ればクリアです。DICEの神様が微笑んだのか、滅多に出ない最高値20を出して、1クトゥルフ没収です。

 



大先輩Kさん、さすがの「DEEP」で13点という高得点をゲット。
 




I君は高得点のGAEA(ガイア)16点を出すも、ダイス目が悪くてクトルゥルフ没収。


こんな調子で、あっというまに4時間以上経過。池袋店では13時から18時まで、もしくは18時から23時までの5時間パックが設定されています。最初は5時間も居られるのかな?と思いましたが、ゲームに熱中すると、それくらいの時間はあっという間に過ぎます。JELLYJELLYCAFEの居心地の良さもあって、なんなら夜まで居られそうでした。

店員さんが丁寧にルールを教えてくれるので初めてのボードゲームも安心




他にも、極限まで頭を使って他プレーヤーを出し抜く、ロングセラーボードゲーム「ACQUIRE」




 
わかりそうでわからない形を粘土で作り、制限質問回数ギリギリで当ててもらえたら勝ち!年齢問わず楽しめる「バルバロッサ」




 
酔い潰れないように酒を飲みまくる「ドワスレ」

など、名作ゲーム、新作の話題ゲームはほとんどそろっています。人気の人狼は、複数のカードが充実していました。

説明書を読んでもよく分からない時には、店員さんに聞けばゲームのルールを教えてくれます。初めてのゲームでもルールを聞きながら楽しく遊べる環境が整っているのも魅力ですね。

HPには「ゲームが簡単になる!ルールまとめシート」として、代表的なゲームのルールがコンパクトにまとまったPDFを公開しています。遊びたいゲームがあらかじめある方は、これを印刷して持って行くと、スムーズにゲームを楽しめるでしょう。

魅力的なアートワークや駒を直接触りながら、友達とワイワイ楽しむ。ボードゲームは、ネットでの交流とはまた違った楽しさがいっぱいです。仲良しの友達と一緒に。普段ネットゲームで対戦している仲間とのオフ会に。はじめてでも気軽に楽しめるボードゲームカフェでした。



JELLYJELLYCAFE 店舗詳細はこちら

Original

この記事を書いた人

宮本 真知

タロットカードに惹かれて占いの道へ。占いの道を進んでいたつもりが、気がついたらオカルトの獣道に足を踏み入れていました。不思議なこととオタクなことが大好きです。幼稚園児育児真っ最中。占いや魔法の世界に関する不思議なこと、オタクな趣味が楽しめる場所、子どもが喜ぶものを紹介していきたいです。