search

ちょっと変わったカップ麺を食べてみた。

2018/04/25

こんにちは。
二日に一度はカップ麺を食べる、レポミンライターの小室です。

最近、お店の味にも負けないくらい美味しいカップ麺が増えてきていますよね。
値段も百円を切るものから少し高めのものまで、様々な種類のものがあります。

今回、家の近くの「まいばすけっと」にイオンブランド発の少し変わったカップ麺が発売されていたので、食してみました。



買ってきたのは、こちらの三種類のカップ麺。 どれも一癖、いや二癖ほどありそうですね。

全てお値段は税込105円というお手頃価格。
ターゲット層は「ヨーロッパ旅行の経験がある、上質な食にこだわる50~60代の女性」であるとのこと。気になりすぎます。

まずはオニオングラタンヌードルから食します。

お湯を入れる前はこんな感じです。





〜3分後〜




完成しました。 まずはスープから一口。

「美味い!どこかで飲んだことがある!」

オニオンというくらいですから予想はしていましたが、想像以上にオニオンでした。
レストランで出てくるオニオンスープの味です。

味はあっさりしており、洋風で飲みやすいスープでした。
そして、そのまま麺をすすります。


「あれ、思ったよりチーズがないな…」
グラタンというわけですからある程度チーズが麺に絡むのかと思っていましたが、さすがに安価ということもあり、チーズはそこまで入っていませんでした。

ただ、オニオンスープと麺がマッチしている点は高評価。
チーズを自分でかけるとさらにコクが出るかもしれません。

4分で完飲完食。

クセ:★★☆☆☆
味の濃さ:★★★☆☆
オニオン度:★★★★★
ヨーロッパ度:★★★☆☆

総評価:★★★☆☆

続いてはミネストローネヌードルへ。

お湯を入れる前はこんな感じです。





〜3分後〜







完成しました。

お湯と上にあるかやくや麺のせいなのか、そこまでミネストローネ感はありませんね。
かやくのトマトをよく潰し、混ぜていきます。

だんだん赤くなってきたスープから一口。

「トレビアーン!」
しっかりミネストローネです。

一人暮らしをしていたらミネストローネなんて滅多に口にしませんが、カップ麺のスープとは思えないほどの味に思わず感動しました。

キャベツ・ベーコンにもしっかりと味が染み込んでおり、また隠し味としてのオレガノが非常によく効いています。

しばらくスープを堪能した後、いよいよ麺を食していきます。

「あっ、スープが美味しいのに麺が美味しくないわけないか」 まさにこの一言に尽きます。
確実に万人ウケしそうなラーメンです。

都内にはトマトスープをウリにする人気ラーメン屋がいくつかありますが、やはりトマトと麺は合うのでしょうか。美味い。


5分で完飲完食。


クセ:☆☆☆☆
味の濃さ:★★★★
トマト度:★★★★★
ヨーロッパ度:★★☆☆☆

総評価:★★★★


最後にアヒージョヌードルを食します。
アヒージョヌードルってもう名前からしてヤバそうですよね。


お湯を入れる前はこんな感じです。






〜3分後〜





完成しました。


後付けのオイルもしっかり入れてあります。
実は僕はかなりのアヒージョ好きなので、こちらの商品には厳し目にいこうと思います。 まずはスープから。


「あ、ほんまもんのアヒージョや」
想像以上のアヒージョ感に、一口でまさかのノックダウンです。

以前、日清からカップヌードルシリーズでアヒージョ味が出ていましたが、そちらは正直イマイチでした。
というより、わざわざアヒージョを買うならノーマルやシーフードの方が良いのでは、と思ったのです。

しかし、105円でこれはかなりのお得感。

鷹の爪の風味がよく効いており、また鳥・豚エキスがコクを生み出しています。 そしてそのまま麺へ。


こちらもスープが美味しいので、麺が美味しくないわけがありません。
ただ、エビやマッシュルームはあくまでも普通の印象なので、美味しいスープとそれによく絡む麺がメインとなっているのでしょう。

油っこいわけでもなく、オイル感が程よく旨味を引き出すこちらのカップ麺には、もこみちも太鼓判を押すでしょう。


クセ:★★★☆☆
味の濃さ:★★★★
オイル度:★★★☆☆
ヨーロッパ度:★★★★
総評価:★★★★


今回は「ちょっと変わったカップ麺シリーズ」として三種類のカップ麺を食しました。
まだまだ全国津々浦々、変わった味のカップ麺があると思うのでこれからも発見次第、食していきたいと思います。

Original

この記事を書いた人

小室 立帆

東大生ライター。日本三景・天橋立が生んだ稀代の酒乱。
1年生の冬にある学生団体に出会い、その活動に没頭。最高学年になると副代表に就任する。ところがボランティアのしすぎで留年を果たし、ポジティブに毎日を生きようと決意。親からのLINEにビビりまくる毎日を過ごしている。趣味は旅、ネットサーフィン。

関連する記事RELATED