search

抹茶×ビールに抹茶×餃子?抹茶の名産地、京都の宇治で抹茶三昧してきた。

2018/04/03

こんにちは。京都生まれ京都育ちのライター、ダイソン後藤です。

本日は京都の中でも、抹茶の名産地として知られる宇治へやってきました。
京都=抹茶、というような使い古された方程式にげんなりされる方もおられるかもしれませんが、宇治には抹茶好きにはたまらないほどたくさんの抹茶×○○な商品が存在します。
中にはそれって大丈夫なの?と思ってしまう商品も……。

というわけで、さっそく宇治の抹茶×○○商品を紹介していきます!
 

抹茶×ラーメン



まずは抹茶ラーメンから。いきなりハードな商品ですね。



通常の麺と抹茶麺(+100円)が選べるようになっていて、抹茶ラーメンとは、麺に抹茶を練り込んだラーメンのようです。
「宇治抹茶 黄金醤油ラーメン(1,040円)」を注文。



確かに麺が緑色をしていますね。 やはりスープやトッピングの具材に抹茶要素はありません。
ちなみにスープは魚介の風味が効いていて美味しい!

そして麺の方はというと……正直そんなに抹茶の風味はしません。
やっぱりラーメンだとスープの味が強すぎて抹茶の風味が負けてしまうのかなぁ。
「茶そば」は多いのに「茶ラーメン」をほとんど見ない理由がなんとなくわかった気がする。



ただ、スープもチャーシューもレベルが高くて、ラーメンとしては普通に美味しい!
観光地にありがちなムリヤリ名物と合わせたゲテモノではありません。
だから昼食としては十分満足しました。(ちょっと値段は高めかな、とは思います。)

抹茶×たこ焼き




抹茶×餃子 先ほど抹茶ラーメンをいただいた「田中九商店」さんの隣にある「蛸Q」さんでは、抹茶たこ焼きと抹茶餃子を食べてみます。

こちらでは抹茶ソフトクリームなんかも売っていましたが、そんなの美味しいに決まっているじゃないですか。もっとこう、不安になるようなものを食べたいわけですよ。

たこ焼きは4個入り、6個入り、8個入り、10個入りから選べましたが、【オススメ】と書いてあったので「抹茶たこ焼き6個と抹茶餃子6個のセット(900円)」を購入しました。 ちなみに単品で別々に注文すると、たこ焼き6個入り500円、餃子6個入り400円です。
……セットって何?



う~ん、この食べるまで味の想像ができないこの感じ。ワクワクしてきました。



まずは抹茶たこ焼きから。
抹茶風味のマヨネーズソースがかかっているだけではなく、生地にも抹茶が練り込まれていて少し緑がかっています……が、やっぱり味が強すぎると抹茶の風味よくわかりません。
これもタコ焼きとしては十分美味しいんですけどね。



お次は抹茶餃子。今までの抹茶商品の中では間違いなく一番緑! これは期待が持てそう!! 添えてある抹茶塩につけていただきます。



お! 抹茶感ある!



けど餃子が微妙だな……。

いやね。セットで注文した時に、たこ焼きは出てくるまでに1~2分かかったんですけど、餃子は5秒くらいで提供されたんですよね。
やけに早いなぁ、とは思いましたが完全に作り置きでしたね。

かなり冷めていたので5分やそこらではない気がする。
抹茶の風味は一番感じただけに出来立てを食べたかったなぁ。
ラーメンをいただいた「田中九商店」さんと、おそらく系列店だと思うのですが、「田中九商店」さんにも抹茶餃子はあったので、出来立てを食べたい方はそちらの方が良いかもしれませんね。
 

ラーメン×ビール




最後は抹茶ビール。
抹茶とビール……合うのか?
平等院のすぐ側にある「赤門茶屋」さんで頂こうと思います。



店内の雰囲気は最高。写真の手前にある陶器は茶香炉と言って、ほうじ茶を炊いてくれています。いい香りで落ち着くぅ。



抹茶生ビールにはレギュラー(1100円)とプレミアム(1500円)がありますが、この違いは抹茶の違いだそうです。 プレミアムの方は良いお茶を使っているそうで、かなりオススメされたのでこちらを注文。



おー! 緑のビール、ちょっと不安はあるけど美味しそう!! ビールの横にあるのは茶葉をのせたクラッカーで、ビールを注文するとセットでついてきますよ。
さっそく飲んでみます。





美味いっ!!!

抹茶の香りがちゃんと残っているし、のど越しの良さはビールのままだし、後味は抹茶の苦みがあって、口の中には抹茶の風味が残ります。これは抹茶好きもビール好きも納得の一杯ですね。

1500円というのはやや高い気がしますが、店の雰囲気も最高なので、席料も込みだと考えるとむしろ安いくらい。



あと、セットでついてきたクラッカーが本当に美味しい。これだけでも注文したいくらい。(単品では販売していませんでした。)



ちなみにこの「グリーンティーと茶団子のセット(600円)」もめちゃめちゃオススメ! 抹茶が苦手な人でもこれなら楽しめると思います。
 

まとめ




宇治の抹茶×○○いかがでしたか。
今回とりあげた4つの商品は、抹茶との親和性はともかく、商品としては美味しいものばかりなので、せっかくだったら一度試してみてはいかがでしょうか。
特に「赤門茶屋」さんの抹茶ビールはオススメなので、宇治に来た際にはぜひ寄ってみてください。
それではさようなら。

 

 

 

 

 

Original

この記事を書いた人

ダイソン 後藤

京都を根城にする編集・ライター。
グルメ系の記事を読むのが好きだが、場所が関東限定なことが多く、いつも枕を濡らしている。
Twitterはこちら