search

栃木の超有名ホテル「あさや」のバイキングは種類が豊富で神がかっていた

2018/02/28

皆さんは鬼怒川に行ったことがありますか?

断崖絶壁の崖の下を流れる壮大な川。
選びきれないほどたくさんある温泉。

街中には無料で入れる公衆の足湯などもあり、とても興味深い体験ができます。
そしてそんな魅力的な温泉街である鬼怒川には栃木県でも屈指のホテルがあるという… その名も「あさやホテル」。
今回は口コミでも評価が抜群に高いあさやホテルの魅力や詳細情報について迫っていきたいと思います!

あさやホテルはなぜ有名?あさやの魅力に迫る!

Googleなどの検索サイトであさやホテルと入力すると、予測変換でこんなキーワードが出て来ます。

・あさやホテル 朝食
・あさやホテル バイキングのみ
・あさやホテル バイキングだけ

もうお気づきの方がほとんどでしょう。
あさやホテル最大の魅力はバイキングにあります!

その求心力たるや、宿泊はしなくてもいいからバイキングだけ食わせろ!と思う人すら現れてしまうレベルなのです。

では、あさやホテルのバイキングは何が有名なのでしょうか?
味?種類?
はい、どっちもです。

あさやホテルは夕食、朝食ともにバイキングを提供しています。

そしてその品数なんと100種類以上!
仮に一口ずつでも全種類食べると胃袋が悲鳴をあげるレベルです。

また、会場内ではシェフがライブキッチンでステーキを焼いたりパスタを作ったりとお客さんを楽しませる要素も兼ね備えています。
それでは早速ですが夕食から紹介していきたいと思います。

僕の初手はこちら!


 
ドン!
まずは6点プレートの上段左から、酢豚、パクチーサラダ、海鮮マリネ、マグロ刺身、ヒレカツ、グラタンみたいな何か。

さらに小皿左上から、湯波刺し、ミネストローネ、ビーフシチュー、ポトフと餃子(一緒の皿に盛っちゃいました。)

プレートをフル活用してまだ11種類です。
僕はこの時点で全種類食べるのは諦めました。

ポトフに入っている角煮くらい大きな豚肉とコクがありすぎるビーフシチューは感動ものです。
パクチーサラダのパクチーを餃子に乗せて食べるという変態プレイも楽しみつつ、1周目完食。

あと鬼怒川も含め日光付近は湯波が有名なのでぜひ召し上がってみてください。
ちなみに湯葉といえば京都も有名ですが、京都では湯葉と表記して日光では湯波と表記するんですって。
いらないウンチクでした。

2週目以降はバイキングに夢中になりすぎて写真を撮り忘れてしまったので個人的に印象に残ったものだけ紹介してみます。

まずはライブキッチンで提供しているステーキ!
人気すぎてすぐに皿がなくなるのでいつも焼きたての状態で置いてあります。
これが肉が柔らかくてうまいんです…

そして、土産コーナーでもレトルトカレーとして販売している「あさや特製和牛カレー」。



カレーに入っている和牛がこれでもかというくらい柔らかく、衝撃的なうまさでした。
お土産としても間違いない一品。

さらにはピザも窯を使ってその場で焼いてます。
やっぱりピザは焼きたてに限りますなぁ。

さらにさらにデザートも充実のラインナップです!
フルーツからケーキ、アイスまで置いており、栃木県らしくいちごのデザートが豊富に取り揃えられていました!
だがオススメは杏仁豆腐。
そして続いては朝食です!




ドン!
6点プレートの上段左から、サラダ、ベーコン、ワッフル、卵焼きと巻き湯波の煮物、ポーチドエッグ、ハッシュドポテト。

さらに小鉢は、ほうれん草のおひたしと椎茸の煮物、湯波うどん、クロワッサンとチーズパンとフレンチトースト。
やっぱり朝はパンですね!この後すぐご飯も食べました。

生まれて初めてポーチドエッグというものを食べました。
あさやホテルのポーチドエッグは水まんじゅうくらいツルッとしていて丸いのです。

朝食の女王と言われるエッグベネディクトを作るための料理も揃っているのでぜひ。
また朝食で一番感動したのはワッフルですね。
トッピングを自分でできるという楽しさもさることながら、ワッフル自体がうますぎる!
外はさっくりしていて、中はほろほろと溶ける食感。
朝からカロリーたかそうなものを塗りたくって頬張る贅沢さは他にはない魅力です。

どうですか?食べてみたくなりましたか?
絶対に損はしないのでぜひ一度ご家族やカップルであさやホテルのバイキングを楽しんでみてください。
すごい熱量でバイキングの説明をしましたが、あさやホテルの魅力はそれだけにとどまりません。

まずは綺麗な館内!
入り口から入るとまずは右手にフロントがあるのですが、この階がすでに6階。 鬼怒川の川沿いは崖になっているので、ちょっと特殊な作りになっています。
そして、ロビーを抜けると1階から12階までが吹き抜けになっており、恐怖を感じるレベルで絶景です。



 エレベーターもむき出しというデザイン性の高さ。
下には巨大なパイプオルガンが設置されており、神々しい音楽が流れています。

かなり大きな施設なので、温泉も全部で3つあります。
まずは1階の大浴場。
大きな浴槽がドーンと広がっています。

一番驚いたのはシャンプーがまさかのビュッフェスタイル。
どういうことかというと、入口横に何種類ものシャンプーがボトルで置かれており、好きなシャンプーを自由に選べるのです。

シャワーのところにも温泉名物「馬油シャンプー」などが置かれています。
アメニティがかなり充実しています。

そして、13階の空中庭園露天風呂。
鬼怒川の絶景を拝みながら入るお風呂の気持ち良さは格別です!
空中庭園露天風呂は時間帯によって男女が入れ替わるのですが、それぞれ見える景色が違っているので2回は入りたい温泉です。

3つ目の8番館地下大浴場は、今回僕が行ったタイミングでは改修中のため入れませんでした…
入った方がいましたらぜひ感想をお聞かせください!
あさやホテルではメルマガに登録すると、お得に宿泊できる情報が送られてきます。

一度訪れたお客様を大事にする姿勢もあさやホテルの魅力の一つですね!

あさやホテルの情報

それではそんな魅力満載のあさやホテルについての詳細情報です。

ホテル名:あさやホテル
電話番号:0120-02-1126
住所:〒321-2598 栃木県日光市鬼怒川温泉滝813番地
アクセス:鬼怒川温泉駅よりダイヤルバスで約8分


 

終わりに

 


東京都内からも電車で1本で行くことができる鬼怒川温泉。
中でもあさやバイキングは飯よし宿よしお風呂良しで最高の宿でした!
あなたも平日の疲れを温泉や美味しい食べ物で癒してみませんか?

 

 

Original

この記事を書いた人

ライター いっとく

26歳道産子。
留学の資金を貯めるためにリゾートバイト をしながら日本各地を転々としながら日銭を稼いでいます。
趣味はダンスとブログを書くこと。
今までで一番後悔した買い物は木刀です。